• 検索結果 :
  • (新着順)
  • 1〜10件
  • 全1461件
    • ライフプラン

    73 view

    4/21<記憶力のトレーニング方法>暗記のトレーニングにもコツがある。私の経験からも言えることなのですが、それは記憶項目の「出力」の「頻度」を多く行うことです。。ある情報・知識を覚えるためには、長い時間その情報・知識に触れているよりも、短い時間でも定期的に何回も触れた方がい...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    3,小売業(こうりぎょう)を取り巻く(とりまく)環境(かんきょう)の分析(ぶんせき)小売業(こうりぎょう)の経営(けいえい)に影響(えいきょう)を与える(あたえる)さまざまな外部(がいぶ)環境(かんきょう)を調査(ちょうさ)し,将来(しょうらい)の経営(けいえい)活動(かつ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    2販売効率(salesproductivity)の分析マーケティング(marketing)活動の有効性や活動の問題・課題を明らかにするための調査活動(research)である.販売効率の分析では、次のことを行う①販売員の分析販売員の接客や商品知識のレベルなどについて,顧客の...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    1市場と需要の分析市場の需要量や消費者,購買行動など,小売業が顧客をどのように把握するかという調査活動である.市場と需要の分析では、次のことを行う①需要量の分析店舗の商圏内におけるカテゴリー別の需要室を測定し,自店の品ぞろえに対しての需要量を分析する.②消費者の分析自店で買...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    ☆彡2.マーケティングリサーチの狙い(marketingresearch)小売業は将来を予測し,魅力ある店舗をつくり上げていくために,その手段として各種のマーケティングリサーチ(市場調査)(marketingresearch)手法が活用されている.マーケティングリサーチは,...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    65 view

    4/17【苦手分野にはとにかく聞く、触れる】民法の勉強は、最初は嫌だなとの「苦手意識」が生じます。自分が苦手だ、理解できないと思う科目がある場合はとにかくそれに関する内容に触れ、見て、慣れることです。例えば、民法がめんどくさい、嫌だと思ったら、本屋さん、または図書館の法律コ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    【苦手分野にはとにかく聞く、触れる】
    • ビジネス

    44 view

    *【理解力を高める方法】物事を理解するには、やはり、「経験と知識」が必要になってきます。理解するということは、自分の経験と知識を照らし合わせながら、意味を考えることです。納得のいったところで記憶につなげようとすることなのです。理解力を高める方法ですが、実は特別な方法などなく...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    *【理解力を高める方法】
    • ライフプラン

    7 view

    *【資格取得・準備・計画】1日の流れを円グラフにして書き起こすことです。実際に書き起してみると、自分では無駄な時間などないと思っていても、意外と惰性でダラダラと過ごしてしまっている時間が発見できます。例をあげれば、テレビやインターネット、スマホのゲームに費やしてしまった時間...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    *【資格取得・準備・計画】
    • ビジネス

    13 view

    (1)短期金融市場短期金融市場とは、期間1年未満の金融取引が行われる市場で、マネーマーケットと呼んでいます。短期金融市場は、金融機関や一般の事業法人が資金を調達する場です。日本銀行が公開市場操作などを行って金融を調節する場にもなっています。そして短期金融市場は、➊インターバ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    (1)短期金融市場
    • ライフプラン

    34 view

    *************4/11宅地建物取引士【民法の出題動向】宅地建物取引士資格試験は、民法関係からは「14問」出題されます。民法関係は、おおかた、➊民法―10問❷不動産登記―1問➌区分所有法―1問➍借地借家法-2問です。試験合格戦略上では、権利関係では、「7~8問」を...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    宅地建物取引士【民法の出題動向】