• 検索結果 :
  • 相続(新着順)
  • 1〜10件
  • 全304件
    • 相続

    59 view

    【遺留分】➊遺留分とは、一定の相続人が各々その権利(遺留分減殺請求権)を行使すれば必ず取得できる財産割合ことです。一定の相続人を保護するための規定で、遺言よりも遺留分が優先されます。・❷遺留分権利者:配偶者、直系卑属(その代襲相続人)、直系尊属で相続人となる者。兄弟姉妹(甥...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    【遺留分】
    • 相続

    26 view

    3.相続の承認と放棄民法では、相続人の権利の保護のために、被相続人が遺した財産を承継するかしないかの選択が認められています。①相続放棄資産も負債もすべての相続財産を承継しないことです。相続放棄者は相続開始の時から相続人ではなくなるため、代襲相続は発生しません。相続放棄するに...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    3.相続の承認と放棄
    • 相続

    21 view

    2.相続人の範囲と順位・法定相続分相続とは、被相続人(死亡した人)の財産(資産・負債)を、相続人が承継することです。相続は人の死亡によって開始します。民法で規定されている相続人の範囲と順位は以下のとおりです。❶配偶者:常に相続人となる(内縁関係の夫または妻は相続人とならない...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    2.相続人の範囲と順位・法定相続分
    • 相続

    24 view

    1.民法における相続の規定民法における相続規定において重要な項目は3つあります・(1)民法上の相続人は配偶者と血族相続人で、順位と相続割合が定められている。実子と養子は同じ相続割合です。(2)相続開始を知った日から3ヶ月以内に相続放棄できる。放棄すると、はじめから相続人では...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    1.民法における相続の規定
    • 信託
    • 相続
    • 相続税

    29 view

    3回のコラムで家族信託が注目されている理由やお亡くなりになられる方本人の想いが伝わらず、相続が発生していしまう現行制度の行き詰まりを数値や図表で解説してきました。今回からは”そもそも家族信託とはどんな仕組みなのか”をお伝えしたいと思います。少し難しい理屈や新たな概念が入って...

    • 公式コラム
    民事信託は、なぜ相続でなくなるのか?そもそも家族信託とは!?
    • 信託
    • 相続

    30 view

    家族信託が注目されて久しい。生前贈与の一種だが、家族や親しい人と信託契約を結び、生前から自分の財産管理を任せて老後に備えるというもので、遺産相続のトラブルを防ぐ手段となる。実家の相続においては、親から子に実家の名義を贈与税をかけずに移せる、というのが最大のメリットだ。同時に...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • 相続
    • 不動産

    55 view

    先日、ある場所での無料相談会において実際にあった相談です。家庭環境の複雑な方からの相談でした。相談概要は『母親と内縁関係にあった父親名義(故人)の不動産があることが当該不動産の隣地権者の代理人の司法書士からの境界立会依頼により判明した。兄弟姉妹の中で相談者一人が父親から認知...

    • 大谷  利幸行政書士 マスク
    • 相続

    188 view

    最近、もう何年も放置してしまった不動産の相続登記についてご相談をいただくことが多くなっています。もちろん、メインが不動産登記ですので提携の司法書士事務所にお願いをするのですが当時、遺産分割協議を行って書類を残しているのか?被相続人の戸籍関係などの書類がどうなっているのか?遺...

    • 田中  利英行政書士 マスク
    遺産分割協議をした時の書類
    • 相続

    173 view

    相続とは、被相続人(死亡した人)の財産(資産・負債)を、相続人が引継ぐ(承継する)ことです。相続は人の死亡によって開始します。民法で規定されている相続人の範囲と順位は以下のとおりです。・配偶者:常に相続人となる(内縁関係の夫または妻は相続人とならない)・第1順位:子(実子〔...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    相続
    • 保険
    • 相続
    • ライフプラン

    587 view

    今回は、生命保険のメリットのおさらいをします。まず、非課税財産等控除部分は、死亡保険金の非課税限度額500万円X法定相続人の人数である。次に、原則、遺産分割協議の対象外で、受取人による請求手続きをすれば直ぐに現金で支払われるので、納税資金&代償金に充てる事ができます。さらに...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第46回目