(1)相続とは

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

315 PV

2016年07月12日 コラム番号:447

(1)相続とは

(1)相続とは
定義
相続(そうぞく)とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称する。

死亡者(被相続人)の死亡時点のすべての財産(資産・負債)を、相続人が引き継ぐことを相続といいます。個人が相続により取得した財産は、一定の非課税財産を除き、相続税の課税対象となります。
また、遺贈・死因贈与により取得した財産も相続税の課税対象となります。

被相続人に関する無料相続相談

コラム執筆者