• 検索結果 :
  • 贈与(新着順)
  • 1〜10件
  • 全51件
    • 保険
    • 贈与
    • ライフプラン

    190 view

    前回に引き続き生前贈与された生命保険の活用について、今回も具体的に見ていきます。まず、お子様・お孫様の将来の備えの為に有効活用を実現するための生命保険商品として、終身保険・年金保険等があります。そこで、終身保険は、終身にわたって死亡に備える保険で、老後の生活資金や緊急予備資...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第50回目(生命保険の活用)
    • 保険
    • 贈与
    • ライフプラン

    290 view

    前回に引き続き生前贈与された生命保険の活用について、今回も具体的に見ていきます。まず、贈与者の想いは、お子様・お孫様の将来の備えの為に有効活用してほしいがあります。そこで、老後資金・教育資金・結婚資金・住宅購入資金の準備等の目的に応じて、事前にいつその資金が必要かの計画を立...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第49回目(生命保険の活用)
    • 相続
    • 不動産
    • 贈与

    226 view

    今回は相続が発生し土地を評価する方法について、簡単に述べていきます。相続財産が現金だと遺産分割協議や相続税の納付額の算出はすぐにできますが、土地の値段(評価)については、売買取引時価(実勢価格)、公示価格、路線価、固定資産税評価などいくつもの価格があり、不動産の価格は一物四...

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    相続 土地の評価
    • 相続
    • 相続税
    • 贈与

    224 view

    相続時精算課税制度のデメリットは何かと言いますと、一度選んだら一般贈与には戻れないという事です。相続時精算課税制度の適用を受けるには届出が必要ですが、届け出を出すとそれ以降その親からの贈与は、相続の開始のときまでずっと相続時精算課税制度が継続して適用される事になります。つま...

    • 公式コラム
    • 遺言
    • 相続
    • 贈与

    286 view

    まず、民法1042条は、減殺請求権は、遺留分権利者が相続開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないとき又は相続開始時から十年を経過したときも、時効消滅する。そして、民法1043条1項は、相続開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けた...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第22回目
    • 贈与
    • 相続税
    • 相続

    214 view

    生前贈与しているので相続税対策はバッチリです。先日もそのように言われている方がセミナーに出席されていました。詳しくお話をお聞きすると、生前贈与の為に孫名義で通帳を作ってそこに毎年100万円振り込んでいます。孫は5人いるので合計500万。かれこれ6年くらい続けています。これ相...

    • 公式コラム
    生前贈与の続税対策の大きな落とし穴
    • 遺言
    • 相続
    • 贈与

    243 view

    まず、民法1040条1項は、減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、譲受人が譲渡時遺留分権利者に損害を加えることを知っていたときは、遺留分権利者は、減殺請求することができる場合を除き、遺留分権利者にその価格を弁償が必要です。そして、民法1040条2項は、...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第21回目
    • 遺言
    • 相続
    • 贈与

    265 view

    まず、民法1036条は、受贈者は、その返還すべき財産のほか減殺請求があった日以後の果実を返還が必要です。そして、民法1037条は、減殺を受けるべき受贈者の無資力によって生じた損失は、遺留分権利者の負担となる。ゆえに、民法1038条は、負担付贈与は、その目的の価格から負担の価...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第20回目
    • 遺言
    • 相続
    • 贈与

    247 view

    まず、民法1030条は、贈与は、相続開始前の1年にしたものに限り、(当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、1年前の日より前にしたものも)遺留分は、被相続人が相続開始時有した財産の価格に贈与財産価格を加えた額から債務全額を控除して、算定する。そし...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第19回目
    • 遺言
    • 相続
    • 贈与

    270 view

    まず、民法1026条は、遺言者は、その遺言を撤回する権利を破棄することができない。そして、民法1027条は、負担付遺贈を受けた者がその負担した義務を履行しない時は、相続人は、相当の期間を定めてその履行の催告をすることができる。ゆえに、その場合は、その期間内に履行がない時は、...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第18回目