• 検索結果 :
  • 相続税(新着順)
  • 1〜10件
  • 全156件
    • 贈与
    • 相続税

    6 view

    1,生前贈与の落とし穴・贈与したつもりが、税務署からは単に名義を変えただけで相続財産とされる場合がある。・贈与税の方が相続税よりも税率が高い。・不動産を生前贈与する場合には、「不動産取得税」や「登録免許税」が課税されるが、これらの税金は、相続時に比べると高い税率が設定されて...

    • 菅原 勝哉税理士 マスク
    生前贈与の落とし穴
    • 相続税

    22 view

    相続税の計算・申告【計算】1)死亡保険金等の非課税限度額は「500万円×法定相続人の数」、2)相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で計算する。3)相続税の計算においては、相続放棄はないものとし、養子の数を制限して「法定相続人の数」を算出する。4...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 信託
    • 相続
    • 相続税

    27 view

    3回のコラムで家族信託が注目されている理由やお亡くなりになられる方本人の想いが伝わらず、相続が発生していしまう現行制度の行き詰まりを数値や図表で解説してきました。今回からは”そもそも家族信託とはどんな仕組みなのか”をお伝えしたいと思います。少し難しい理屈や新たな概念が入って...

    • 公式コラム
    民事信託は、なぜ相続でなくなるのか?そもそも家族信託とは!?
    • 保険
    • 相続税
    • ライフプラン

    558 view

    前回の生前贈与された生命保険の活用について、今回から具体的に見ていきます。まず、贈与者の死亡保険金は、相続時の相続税納税準備資金として、事前に対策を立てておくことをお勧め致します。なぜならば、相続税の申告期限は、相続が発生してから原則10か月以内だからです。さらに、預貯金は...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第48回目
    • 相続税

    258 view

    相続税のしくみ相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。但し、債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算し...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続
    • 相続税

    358 view

    配偶者の税額軽減(配偶者控除)被相続人と婚姻の届出さえしていれば、婚姻期間に関係なく適用されます。たとえ、1日であっても正式な婚姻関係にあれば、控除を受けることができます。配偶者控除の目的は、残された配偶者の老後生活を守る為、配偶者同士は年齢が近い事を考えて相続が2回発生す...

    • 公式コラム
    相続の落とし穴 配偶者控除
    • 相続税
    • ビジネス

    230 view

    1月から5月は納税時期です。税務申告による所得税、固定資産税、都市計画税、自動車税などです。最近ではクレジットカードやインターネットバンキングでの納付が可能ですがご存じでしょうか?都道府県・市によって取り扱える税金が異なりますが、自動車税は多くのエリアで利用可能のようです。...

    • 宮内 広美相続鑑定士 マスク
    税金の納付時期がやってきます
    • 相続税
    • 相続
    • 不動産

    338 view

    平成27年に相続税の基礎控除が引き下げられてから1年経過しました。以前は、基礎控除5,000万円+法定相続人1人当たり1,000万円×法定相続人が相続財産から控除される金額でしたが、現行では3,000万円+法定相続人1人当たり600万円×法定相続人となりました。仮に配偶者あ...

    • 宮内 広美相続鑑定士 マスク
    相続税課税対象者が増えました
    • 相続
    • 相続税
    • 遺言

    302 view

    人が亡くなった場合に発生するのが遺産相続ですが、相続が発生した場合、遺産相続がどのような人から順番にもらえるか、民法でその順位を定められた規則があります。今回は相続を受けられる人(法定相続人)とその遺産分配の割合(法定相続分)の基本パターンについて説明していきます。

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    遺産相続順位
    • 相続
    • 信託
    • 相続税

    408 view

    相続を考える時に(相続税がかかる方もかからない方も必見です!!)財産を渡す人を被相続人、財産を受ける人を相続人と言いますが、被相続人が認知症になると相続財産を誰に継承するのかを判断できなくなるので、遺言書を書いたり、民事信託(家族信託)を活用して、生きている間に財産分与を決...

    • 宮内 広美相続鑑定士 マスク
    相続人の中に認知症の方がいる場合の遺産分割協議の考え方