• 検索結果 :
  • 遺言(新着順)
  • 1〜10件
  • 全150件
    • 遺言

    28 view

    遺産分割遺産分割には、被相続人の遺言によって指定する指定分割と、相続人全員で分割方法を協議する協議分割があります。協議分割は、相続人全員の同意があれば、遺言の指定とは異なった分割や、法定相続分によらない分割も有効です。一部の財産についてのみを協議して分割することもできます。...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    遺産分割
    • エンディング
    • 遺言
    • 相続

    662 view

    ご両親の通夜葬儀をようやく終えて、いざ納骨となったとき、お金(お布施)のことでお寺ともめてしまったというご相談が急増しています。日本の人口減少とともに墓じまい、寺離れという用語が一般化し、檀家数の減少でどのお寺も「10年後、食べていかれるのだろうか」と不安を抱えるなか、ごく...

    • 勝 桂子行政書士 マスク
    墓じまいをご検討のかた必読! 『聖の社会学』上梓しました。
    • 相続
    • 遺言

    269 view

    相続欠格とは、民法891条の相続欠格事由に該当する不当行為をした場合に、相続人が相続人としての資格を失うことです。これは、被相続人が相続財産を渡したくないと思い、遺言で特定の相続人に相続財産を渡さないように遺言を作成したとしても、その相続人は遺留分権利者として遺留分を請求で...

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    相続欠格
    • 相続
    • 遺言
    • 信託

    414 view

    成年後見人は、高齢者の方で認知症や病気で意思判断のできない方や、障害で判断能力が低下してしまった方が、その方に代わって契約行為などを行う方の事を言います。相続の時はどのような立場になるか、と言いますとその成年後見人の立場を失います。成年後見人は生きている方の役割を担う事です...

    • 公式コラム
    成年後見人は相続の時にどうなるか
    • 相続
    • 相続税
    • 遺言

    303 view

    人が亡くなった場合に発生するのが遺産相続ですが、相続が発生した場合、遺産相続がどのような人から順番にもらえるか、民法でその順位を定められた規則があります。今回は相続を受けられる人(法定相続人)とその遺産分配の割合(法定相続分)の基本パターンについて説明していきます。

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    遺産相続順位
    • 相続
    • 相続税
    • 遺言

    320 view

    まず、相続人と法定相続人の違いについて整理しておきましょう。財産を持っていてそれを相続させたい人の事を被相続人といいます。父親が財産を持っていて長男に相続させたいという場合は、父親が被相続人、長男が法定相続人になります。父親をお世話していた友人にも被相続人である父親が遺言を...

    • 公式コラム
    法定相続人の範囲
    • 相続
    • 遺言
    • 相続税

    359 view

    「相続」は「争族」とも言われ、よく仲の良かった家族が相続財産を巡り、家族同士が争うことをイメージします。さて、相続においてなぜ争いが起こるのでしょうか?それは、相続財産を巡って分配方法、分配割合を巡って争いが起きているのです。法律用語では「遺産分割協議」と言いますが、この遺...

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    相続争い
    • 遺言
    • 相続

    370 view

    最近では、遺言書を作成している人が少なくありません。遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言とありますが、だいたい①②の遺言のパターンが多いようです。①の自筆証書遺言には検認という作業が必要になりますので覚えておきましょう。遺言は書く側(被相続人)が準備し内...

    • 公式コラム
    自筆証書遺言の検認
    • 相続
    • 遺言

    372 view

    遺言書には大きく分けて普通方式と特別方式がありますが、一般的には普通方式で作成します。普通方式の遺言書には1自筆証書遺言2公正証書遺言3秘密証書遺言の3種類があります。私たちが一般的に遺言と言えば、自筆証書遺言や公正証書遺言のことを指して遺言といっています。自筆証書遺言は最...

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    公正証書遺言 無効
    • 遺言
    • 相続
    • 贈与

    379 view

    まず、民法1042条は、減殺請求権は、遺留分権利者が相続開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないとき又は相続開始時から十年を経過したときも、時効消滅する。そして、民法1043条1項は、相続開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けた...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第22回目