合格までの学習スケジュール****

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

59 PV

2017年05月15日 コラム番号:1,090

合格までの学習スケジュール****

合格までの学習スケジュール****

目指す資格や通信・通学コースなどの違いがあっても、基本的な学習パターン「基礎→応用→まとめ」という流れは共通しているます。

学習をスタートするにあたって、各ステップで何をすべきかを最初に把握しておく事が、学習プランをスムーズにこなすポイントとなってきます。

学習スケジュールについては、試験日から逆算して各講座の日程が組まれているので、大きな流れは出来上がっているといえます。

その中で、学習効率を高める方法として、最初にざっとしたFP業務の全体像を理解してくことです。
その上で細部の学習に進むことが大切です。
そうする事で、寄り道せず、確実に理解を深める事が出来ます。

ただ、日々の流れとしては、「基礎→応用→まとめ」が学習パターンの基本となってくるので、それをしっかりとふまえて学習に取り組む事が重要です。


<1>基礎段階
・FP業務の全体像をつかむ。 ・テキストを学習の中心とする。 ・金融商品、税務、不動産など各分野の専門用語の意味を頭に刻む。 ・各論の細部を理解する。

<2> 応用段階
・演習問題、試験問題に取り組む。 ・これまで学んだものを理解して知識を定着させる。 ・疑問点は基礎に戻って学習する。

<3> まとめ段階
・総合的な復習と弱点をチェックする。 ・理解の不十分な箇所を克服する。 ・模試や直前対策セミナーなどで最終チェックする。  



コラム執筆者