学習効率アップの方法****

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

77 PV

2017年05月15日 コラム番号:1,091

学習効率アップの方法****

学習効率アップの方法****

 時間を有効活用し、効率よく学習を進めるため、毎日の学習の中に過去の試験問題に取り組んだり暗記用カードやファイルを作り活用しましょう。

過去の試験問題に取り組むということは、出題傾向や形式を理解できるます。

また、疑問点やまちがいを発見し、自分の弱点を重点的に克服する事が出来る、効率の良い学習方法です。

そして、暗記用カードは、通勤、通学などの空き時間にいつでも参照できるので効果的です。

用語や仕組みをよく整理して、小さなカード1枚ずつに、表面には用語や仕組みの項目を書いて、裏面に解説文をつけたり、分野別、科目別の分類コードを付けるなど工夫して作るとよいでしょう。

また、解説ファイルは項目ごとに
<1>分類コード、
<2>要約解説、
<3>関連用語、規定、
<4>図解、
<5>関連テキストの写しなど、
1枚にまとめてファイルしていくと使い易いでしょう。

こうしたものを活用する事が習慣化すれば、学習内容に対する理解度を深め、知識の定着率を一層高めてくれます。

最後に、
自分で自分のことを決めるためには、人生においていつどんなことをしたいのか、具体的に中・長期的な計画をたてる必要があります。

何を計画すれば良いのか?については、まず、人生の「節目」から検討しましょう。人生においては、誰にでもいくつかの節目があります。

一般的には「就職→結婚→子どもの誕生→マイホーム購入→子どもの進学→退職→老後」という節目が考えられます。

これらの節目についての夢や希望、目標、いつどうしたいかについて、中・長期的な計画「ライフプラン」を立ててみはどうでしょうか。

最近は、価値観の多様化にともなって節目ごとに従来の価値観とは異なる選択のは、当然であり、自分自身の幸福は自分自身で計画し創り出していってください。

コラム執筆者