❹学問の自由(行政書士試験)NEW

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

96 PV

2017年12月07日 コラム番号:1,605

❹学問の自由

❹学問の自由
日本国憲法において、「学問の自由は、これを保障する」(23条)と規定されえいる。
学問の自由の内容として、以下の3つがある。
1. 学問研究の自由
2. 研究結果発表の自由
3. 教授の自由

思想・良心の自由および表現の自由の一部分であり, 「学問研究の自由」「研究結果発表の自由」が保障されるのは学問研究が従来の考え方を批判して新しいものを生み出す人間の営為・努力であるため特に高い程度の自由が要求されるためである。

広義の学問の自由には,制度的保障としての大学の自治も含まれる。大学における学問の自由および大学の自治が条理および慣習として限定的に認められていた。
大学の自治については,明文の規定はないが,当然保障されていると解されている。
なぜなら、学問の自由の保障は、学問研究の機関である大学に「大学の自由、大学の自治」を保障する論拠となるからである。


コラム執筆者