行政組織法/【3】権限の代行

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

67 PV

2018年02月13日 コラム番号:1,755

【3】権限の代行

【3】権限の代行
行政庁は権限を自ら行使するのが原則ではあります。しかしながら、行政庁の処分すべき案件は通常、膨大な量になります。行政庁がすべてを決することは困難です。

そこで、権限の全部または一部を、他の行政機関に代わって行使させるという事ができます。
これを「権限の代行」といいます。
権限の代行には、
(1)権限の委任、
(2)権限の代理、
(3)権限の専決・代決
の3種類があります。

コラム執筆者