❷内閣総理大臣の地位

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

10 PV

2017年12月05日 コラム番号:1,601

❷内閣総理大臣の地位

❷内閣総理大臣の地位
内閣総理大臣の地位 国会の議決によって指名される内閣総理大臣(首相)は、内閣の長として、行政権の最高責任者であり、自衛隊の最高司令官でもある。
総理大臣は国務大臣の任免権を持つと共に、国務大臣への指揮命令権を持つものと解されている。
省庁の長である主任大臣の権限を総理大臣は指揮権を持つとしている。
内閣は連帯して国会に責任を負いつつ、合議体としての内閣が行政権を行使しており、総理大臣の権限はそれほど大きくないと思われる。
しかしながら、国務大臣の任免権を持つと共に、政治的にも、国会内多数派を代表しており、
総理大臣の政治家への影響力は絶大である。
最高裁判所長官の指名、衆議院の解散も実質的には、総理大臣の権限となっている。


コラム執筆者