仕事中の態度や行動

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

413 PV

2016年12月07日 コラム番号:611

 仕事中の態度や行動

  仕事中の態度や行動
 1  職場でも大切なマナー
 ビジネスの場では仕事のための能力は不可欠ですが、どんなに仕事ができても、職場内でのマナーが悪いと「人間的に問題がある」といった評価を受けることになります。そこで、就業中のマナーや態度について、とくに次のような点に気を付けるようにします。

就業中のマナーや態度について

1) 約束した時間は守る。
(2) 仕事中の私語は慎む。
(3) 離席の際は周りの人に「行き先、用件、戻る時間」などを告げ、重要書類を片付ける
(4) 呼びかけられたら「はい」と返事して聞く姿勢を示す。
(5) 仕事中の人に話しかける時は、相手のタイミングをみて「失礼します」と断る。
(6) 仕事を頼む時は丁寧にお願いする。終わったら、感謝の言葉を忘れない。
(7) 私用や外出の時は、上司の了承を得る。
(8) 不在中に予想される仕事や用件には、予め手を打っておく。
(9) 会社の物を私用に使わない。
(10) 軽率なうわさ話や人の悪口を言わない。

コラム執筆者