• 検索結果 :
  • 公式コラム(新着順)
  • 1〜10件
  • 全156件
    • 信託
    • 相続
    • 相続税

    47 view

    3回のコラムで家族信託が注目されている理由やお亡くなりになられる方本人の想いが伝わらず、相続が発生していしまう現行制度の行き詰まりを数値や図表で解説してきました。今回からは”そもそも家族信託とはどんな仕組みなのか”をお伝えしたいと思います。少し難しい理屈や新たな概念が入って...

    • 公式コラム
    民事信託は、なぜ相続でなくなるのか?そもそも家族信託とは!?
    • 信託

    92 view

    一般的な遺言書である『公正証書遺言』作成件数は平成28年に10万5350件(日本公証人連合会の統計)、平成8年の5万件から毎年増加し20年間で2倍に達しました。他に『自筆証書遺言』『秘密証書遺言』(統計資料無し)を含めますと実際に遺言書を作成している人は10万人をはるかに超...

    • 公式コラム
    3代先の家族の幸せを実現する家族信託
    • 相続
    • 相続税

    384 view

    配偶者の税額軽減(配偶者控除)被相続人と婚姻の届出さえしていれば、婚姻期間に関係なく適用されます。たとえ、1日であっても正式な婚姻関係にあれば、控除を受けることができます。配偶者控除の目的は、残された配偶者の老後生活を守る為、配偶者同士は年齢が近い事を考えて相続が2回発生す...

    • 公式コラム
    相続の落とし穴 配偶者控除
    • 相続
    • 遺言
    • 信託

    431 view

    成年後見人は、高齢者の方で認知症や病気で意思判断のできない方や、障害で判断能力が低下してしまった方が、その方に代わって契約行為などを行う方の事を言います。相続の時はどのような立場になるか、と言いますとその成年後見人の立場を失います。成年後見人は生きている方の役割を担う事です...

    • 公式コラム
    成年後見人は相続の時にどうなるか
    • 相続
    • 相続税
    • 遺言

    330 view

    まず、相続人と法定相続人の違いについて整理しておきましょう。財産を持っていてそれを相続させたい人の事を被相続人といいます。父親が財産を持っていて長男に相続させたいという場合は、父親が被相続人、長男が法定相続人になります。父親をお世話していた友人にも被相続人である父親が遺言を...

    • 公式コラム
    法定相続人の範囲
    • 相続
    • 相続税

    416 view

    先日弊社のコンサルタント先のお客様のお父様が亡くなられました。すでに顧問先の税理士がいますので、安心して相続税の申告に入る事ができます。この相続税の申告をする事に関しては、税理士の仕事ではありますが、どの税理士でも安心して相談する事ができるとは限りません。

    • 公式コラム
    相続税の相談に強い税理士
    • 遺言
    • 相続

    382 view

    最近では、遺言書を作成している人が少なくありません。遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言とありますが、だいたい①②の遺言のパターンが多いようです。①の自筆証書遺言には検認という作業が必要になりますので覚えておきましょう。遺言は書く側(被相続人)が準備し内...

    • 公式コラム
    自筆証書遺言の検認
    • 相続税
    • 相続
    • ビジネス

    314 view

    相続税の申告は被相続人が死亡した日の翌日から10カ月以内です。申告も10カ月以内、相続税を納めるのも10カ月以内で期限があります。普通、両親が2人とも相続の申告が必要な方である場合には一生に2回申告の機会がある方もあるかもしれませんが、2回経験しても手慣れる事は無いと思います。

    • 公式コラム
    相続税申告には期限があります
    • 相続
    • 相続税
    • 贈与

    287 view

    相続時精算課税制度のデメリットは何かと言いますと、一度選んだら一般贈与には戻れないという事です。相続時精算課税制度の適用を受けるには届出が必要ですが、届け出を出すとそれ以降その親からの贈与は、相続の開始のときまでずっと相続時精算課税制度が継続して適用される事になります。つま...

    • 公式コラム
    • 遺言
    • 相続
    • 相続税

    293 view

    2015年1月(H27年1月)から相続税の税率がUPし基礎控除額が減額されました。特に不動産を所有する方は相続税がかかる場合に現金が無いと相続税が払えない事や、不動産は分割しにくい財産ですので事前に相続の問題を考えておく必要性が広がりました。誰に相続するのかを考える時には、...

    • 公式コラム
    公正証書遺言の普及