• 検索結果 :
  • すべて(注目順)
  • 1〜10件
  • 全1554件
    • 信託
    • 相続

    3,745 view

    認知症になっても、不動産を売買できる方法として不動産を民事信託(家族信託とも言われています)しておくというお話をしました。民事信託(家族信託)で行うには契約書が必要になりますが、これは委託者(不動産の元々の所有者。例えば父親)が相続させて不動産を管理させたい人を受託者(例え...

    • 宮内 広美相続鑑定士 マスク
    いよいよ民事信託(家族信託)取り扱い銀行の発表です
    • ビジネス
    • ビジネス

    1,816 view

    顧客満足経営の新原則従来は,小売業の行う顧客満足経営は,商品・サービス・店舗の三つを基本原則としていた.商品は,鮮度や品質の良さ,機能やコンセプトの明確さ,品ぞろえの豊富さが基本である.また,サービスは,明るく親身な接客と購入後のフォローアップが基本である.そして,店舗は,...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
     顧客満足経営の新原則
    • ライフプラン

    517 view

    行政書士合格を目指して勉強するなら、試験内容の傾向と対策をしっかり把握しておくことです。行政書士試験は「行政書士にふさわしい人物か」をチェックされるテストでもあります。法律を含む法令科目に、政治・経済などの一般知識等、出題範囲は膨大で、ただ、がむしゃらに時間をかけて勉強をし...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    行政書士合格
    • 相続
    • ビジネス

    1,350 view

    ゆうちょ銀行での相続の手続きは以下に示します。一部ゆうちょ銀行のHPより抜粋しています。相続WEB案内サービスを利用できます。相続WEB案内サービスをご利用いただくことで、ゆうちょ銀行の相続手続きに必要な書類をインターネット上で確認できます。申請に必要な書類をダウンロードで...

    • 公式コラム
    ゆうちょ銀行の相続手続き
    • 不動産

    386 view

    *1日5分で必ず宅建試験は合格します。ただし、毎日1日も本と勉強を欠かしてはいけません。そして、宅建業法の基本であります。宅建業界のシステムとして理解していってください。1日5分です。この時期は急いではいけません。宅建資格試験は「重き荷物を背負うていくが如し、急ぐべからず。...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    1,564 view

    あなたの会社には組織図がありますか。あるいは業務分掌は明確になっていますか。業務分掌というのは、業務機構を構成する組織単位が分担する業務内容のことで、簡単に言うとあなたの会社の部、課、係、店等で呼んでいる組織体制とそれぞれの役割のことです。仕事を進める上で誰が何をいつまでに...

    • 公式コラム
    一味違う会社になるステップアップ講座 1
    • 不動産

    253 view

    ◆民法上では当事者に特別の意志表示(売買契約書に記載等)がない限り、解約手付として交付されたものと見なしています1<注>****特に定めがない場合や売主が不動産会社などの宅建業者の場合には解約手付とみなされる。宅建業者は、売買代金の2割以上の手付金を受け取ってはならない。ま...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    155 view

    一般知識の学習ポイント■政治・経済・社会この科目は出題範囲が多岐にわたり、まともに勉強してはきりがありません。出題範囲を絞って勉強する必要があります。ポイントは、国際社会、政治、社会保障、社会経済から毎年出題されていますので、この分野をいくつかピックアップして勉強して下さい...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    一般知識の学習ポイント(行政書士)
    • 保険
    • 相続
    • ライフプラン

    413 view

    今回は、生命保険のメリットのおさらいをします。まず、非課税財産等控除部分は、死亡保険金の非課税限度額500万円X法定相続人の人数である。次に、原則、遺産分割協議の対象外で、受取人による請求手続きをすれば直ぐに現金で支払われるので、納税資金&代償金に充てる事ができます。さらに...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第46回目
    • 保険
    • 贈与
    • ライフプラン

    380 view

    前回に引き続き生前贈与された生命保険の活用について、今回も具体的に見ていきます。まず、贈与者の想いは、お子様・お孫様の将来の備えの為に有効活用してほしいがあります。そこで、老後資金・教育資金・結婚資金・住宅購入資金の準備等の目的に応じて、事前にいつその資金が必要かの計画を立...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第49回目(生命保険の活用)