相談番号:1,494

父の預金口座

  • 投稿日:
  • 2017年04月11日
  • 回答受付終了
  • 相談者:
  • パークハウス小日向
  • 回答者:
    • 松田  実行政書士 マスク
    • 内藤 政信弁護士 マスク
    • 新島  輝彦行政書士 マスク
    • 橋本 剛太司法書士 マスク
    • 田中  利英行政書士 マスク
    • 多湖 利信不動産業 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 土地家屋調査士行政書士小林大栄行政書士 マスク
    • 児玉 卓郎司法書士 マスク
    • 宇井 勝行政書士 マスク

回答数

10

参考にした人

289

相談者:パークハウス小日向 (東京都)

先日父が肝細胞がんで突然亡くなりました。以前から相続の相談をしていたのですが、がんの治療を優先したいと言うばかりでとりあってもらえませんでした、相続人は私一人ですから。ですからまず相続財産の調査をしなければならないのですが、父のすべての預金口座を把握している訳ではありません。どこに預金口座があるのかわからない場合は、どうやって調査したらいいのでしょうか? 預金通帳が無い預金口座や、母が残した預金口座もあるはずなのですが、すべて調べることは可能でしょうか。どうか宜しくお願い致します。

専門家からの回答

    • 回答 1
    • 松田  実行政書士 マスク
    • 2017年04月11日 08:47:03

    パークハウス小日向様、

     突然のお父様の死去お悔やみ申し上げます。
     さて預金口座の調査ですが、基本はまず預金通帳の有無を家じゅう探してみることです。
     さらに金融機関からのいろんなお知らせがこれまでの郵便物で来ているのではないかと思いますので、郵便物が来ている金融機関で、「名寄せ」といって、亡くなった方の名義の口座があるかどうかをその金融機関(郵便局も含む)に調べてもらうことをします。あとはお付き合いがあり層が金融機関でも同じように「名寄せ」で口座があったかどうか調べてもらうということをします。
     小さな金融機関を使っていたということがあるとぬけが出てくる可能性はあります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 行政書士 松田実事務所
    • 相続関係では遺産分割協議書作成、相続関係図作成、財産目録作成などを手掛ける。遺言関係では自筆証書遺言。公正証書遺言などの草案作成など。...
  • 確定申告書があれば調べる。
    あとは銀行に直接問い合わせる。
    各銀行ごとに。
    あなたが相続人であることを証する資料があれば調べてくれます。
    ゆうちょも同じです。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • お父様の死去お悔やみ申し上げます。
    口座の調査ですが基本家の中を探して、通帳や銀行からの郵便物等からその銀行に問い合わせを行うという事になります。
    此処を調べれば全て解るという事はなく、疑わしい銀行に問い合わせるしか
    方法はありません。
    また、郵便物や通帳が無い場合でも疑わしい銀行や、家の近所の銀行は問い合わせた
    方が良いでしょう。
    行政書士に依頼しても調べてもらう事はできますが、基本は上に書いたような方法で
    行政書士も調べます。 時間に余裕が無いような場合は行政書士に相談することも
    お考え下さい。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • 銀行を特定した後に、その銀行の被相続人名義の口座を全て調べる「名寄せ」や「照会」といった手続はあります。(銀行によって名称が異なります)
    しかし、どこの銀行に口座があるか分からない状態で、銀行を調べる方法は無いと思います(借金の場合は、信用情報機関に問い合わせるという手段がありますが)。

    ご質問のケースは後者の場合なので、まずは徹底的に家の中を探して通帳を見つける、他には、つきあいのありそうな近所の銀行に照会をかけてみる(空振り覚悟で照会をかけることは可能です。無い場合は「ありません」と教えてくれるはずです)。などの地道な方法で調べることになるでしょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 橋本司法書士事務所
    • 遺産整理業務(相続丸ごと代行)、預貯金の相続・不動産の相続登記、家族信託(民事信託)、生前贈与、任意後見・成年後見・死後事務委任、遺言...
  • どこかの期間に行けば全ての口座がわかるという風になっていればいいのですが、残念ながらそのようになっておりませんので、他の先生方もおっしゃるとおり、まずは通帳や郵便物・確定申告書など手掛かりになるものを探すより道はありません。
    また、近所の金融機関などに相続人である証明資料(戸籍)を持参して確認していくという作業になります。(これは、士業が行っても同じ作業になります。)

    おひとりでは不安なことも多いかと思いますので、相続手続そのものを専門家に依頼するかどうかは別にして実際に面談形式でご相談されることも検討してみるのもいいかと思います。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 田中行政書士事務所
    • 遺言書作成、遺産分割協議書作成、相続手続を行います。その他、税理士事務所・不動産会社と提携しておりますので相続税のご相談、相続で取得し...
  • このようなケースはまず家の中を探し回って通帳等や証券会社の郵便物とか税金の請求書などを見つけてください。
    ガスや電気料の支払い先をまず見つけてください。
    見つからないようであれば、何の問題もないようですと、各銀行から送られてくる定期郵便物を待ってみてください。

    どうしても早くしたい時は多少お金が掛かりますけど、懇意の弁護士さんに依頼して、手当たりしだい手紙を出すと言う手もあります。
    すべて探し出す可能性はあります。
    お役に立てましたでしょうか。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    •  アセス株式会社 資産対策研究所
    • 名古屋市中区錦3丁目の相続対策案件を商業ビルへ名古屋市中区栄3丁目の地権者をまとめて商業ビルへ名古屋市東区東桜の雑居ビルを再開発して1...
  • パークハウス小日向さんへ
    先ずあなたが、父親の相続人であることwp確定させることから始めましょう。父親の生まれてから亡くなるまでの戸籍が分かる謄本類を取得してください。あなたの印鑑証明書住民票等を取得して、金融機関には、左記の書類が整ってから一行ずつ訪ねてみて問い合わせてください。あなたがこうした書類を取得できない場合には、弁護士や、行政書士にご相談ください。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • 調査方法
    ①本人確認のため:本人の身分証明書・本人とお父様とお母様との関係を示せる戸籍謄本・現在本人住民票・お父様とお母様の除票を用意お願い致します。
    ②お父様の預金・貯金通帳を調査する。
    ③お父様の住所地周辺の金融機関に調査に出向く。
    ④お父様宛の郵便物(引き落とし連絡票)を調査する。
    ⑤年金事務所に出向く。
    ⑥役所等に出向く。
    お近くの相続専門の行政書士事務所にご相談お願い致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 群馬県前橋市の小林大栄行政書士登記土地家屋調査士測量設計事務所
    • 平成04年12月から平成11年12月まで東京池袋:十亀司法書士・土地家屋調査士事務所で修業平成12年01月群馬県前橋市南町三丁目にて登...
  • 通常は預金者に対して銀行からのお知らせが年に1回来てるはずですから、それを頼りに金融機関を探したほうがいいでしょう。又自宅の通帳も探してみる必要があります。それでもわからなければ、相続人であることを示したうえで各金融機関に調査していただくことになります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 司法書士行政書士児玉事務所
    • 多重債務に悩む債権者に代わり、債務整理や過払い請求、自己破産手続き、会社設立、商業登記や相続財産である不動産の登記などの各種手続きの代...
    • 回答 10
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2017年04月12日 07:32:36

    はじめまして。
     相続に際して預貯金の調査が必要となった場合、その際の手法としましては、やはり個々の金融機関に個別に問合せをして行く、という形が基本になるかと思われます。近年ではネット環境の普及もあり、通帳を必要としない形態の銀行取引等も活発に行われていますが、それでも銀行との間のやり取りの存在を示すものは、例えば利用明細等の形で何かしら存在している筈ですので、それらの資料を基に照会を行ってい方法が最も確実かと思われます。
     その為、場合によってはそれなりに手間暇がかかってしまう事にもなりますが、それでも御一人で数十もの異なる口座を開設しているような事例というのも余り考えられない話ですので、それ程困難な作業と言う訳でも無いかとは思われますが、もし、ご自身の手には余る様な状況との事であれば、最寄りの専門家にご相談頂き、その助力を求めるのも一つの手かとも思われます。
     簡単な内容ですが、ご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...