相談番号:1,256

子供の奨学金の返済について

  • 投稿日:
  • 2015年12月13日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 香川県
  • 相談者:
  • MASA
  • 回答者:
    • 神山  和幸行政書士 マスク
    • 立田  洋子行政書士 マスク
    • 土地家屋調査士行政書士小林大栄行政書士 マスク
    • 横山 篤志行政書士 マスク
    • 片桐  政勝行政書士 マスク

回答数

5

参考にした人

2,548

相談者:MASA (香川県)

子供の名義で奨学金を約500万円借りております。これを親が一括返済する場合は、贈与に当たるのでしょうか?非課税以内で分けて返済したほうが良いですか?

専門家からの回答

  • 親は子に教育を受けさせる義務が憲法で定められております。
    しかし、これは義務教育に限ってのことであり、奨学金についてはお子様の名義で借りたのですから、やはりこれはお子様が支払う義務があります。
    実態として親が子供名義で奨学金を借りたと考えれば、実質上親が返済するべきという見解も成り立たないわけではありませんが、それはあくまで義務教育の範囲内であると考えます。
    従いまして、結論としてお子様に返済義務があると思われます。
    もしお子様にその資力がないのであれば、贈与税の非課税枠110万円/年を利用するほうがよいでしょう。
    ちなみに、婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるものについては贈与税がかからないことになっておりますので、生活費の援助についてはこれを利用してください(ただし、ここでいう教育費とは、学費や教材費、文具費などをいい、奨学金の返済は対象外です)。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 神山和幸行政書士事務所
    • ・遺言(公正証書遺言)・相続・農地転用許可申請、非農地証明願など農地に関する手続・株式会社、社団法人、NPO法人設立・建設業/警備業/...
  • MASA様
    やはり、数年かかりますが、贈与税の非課税の範囲での返済がいいでしょう。

    親子は扶養関係にありますから、必要な教育費等をその都度出してあげたのであれば、贈与などの問題は生じませんが、後から返済する子名義の奨学金は、子に返済能力がない場合を除き、贈与になるでしょう。


    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • あい行政書士事務所
    • 相続、遺言、お墓手続、離婚問題、農地転用、車庫証明・登録手続、クーリングオフ、内容証明、各種許可申請、各種補助金・助成金申請
  • 贈与税年間基礎控除額110万円制度があります。年間110万円までであれば、無税になります。毎年110万円ずつお孫様に譲り渡していく方法が地味ですが、確実です。
    お勧め致します。 また、詳細は国税庁・税務署に相談お願い致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 群馬県前橋市の小林大栄行政書士登記土地家屋調査士測量設計事務所
    • 平成04年12月から平成11年12月まで東京池袋:十亀司法書士・土地家屋調査士事務所で修業平成12年01月群馬県前橋市南町三丁目にて登...
  • 回答2.の立川洋子先生と同じ回答になります。私見ですが、金銭に甘い親は決して、ご子息の為になりません。まずは、御子息に返済させて、不足分を支援するのがご子息の自立心を醸成されることになると察します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 横山MSC(経営士)行政書士事務所
    • ■実績Ⅰ:大企業の※OSHMSの構築支援:小松製作所粟津工場・小松工場・小山工場:大王製紙可児工場。中企業のOSHMS構築支援:KYB...
  • 贈与税の非課税枠の110万円以内に止めておくのが無難ですが、詳しくはお近くの税務署にお尋ねになられることをお勧めします。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 片桐行政書士事務所
    • 各種許認可申請(建設業、運送業、特殊車両通行許可、産業廃棄物処理業など)遺言書作成支援、遺産分割協議支援、成年後見(任意後見契約など)...
注目の相談

息子の車購入資金

  • 贈与

みなし贈与になりますか?

  • 回答受付中
  • 贈与

贈与契約書は必要ですか?

  • 贈与

生前贈与の贈与契約書

  • 贈与

相談をもっと見る1,360件

回答ランキング
  • 宇井 勝行政書士 マスク
  • 高倉下行政書士法務事務所

回答ランキングをもっと見る