相談番号:1,440

贈与税の非課税枠について

  • 投稿日:
  • 2016年11月25日
  • 回答期限:
  • 2017年03月31日
  • 相談者:
  • KAZU
  • 回答者:
    • 立田  洋子行政書士 マスク
    • 田中 裕晃FP マスク
    • 内藤 政信弁護士 マスク
    • 秋間  丈佳行政書士 マスク
    • 土地家屋調査士行政書士小林大栄行政書士 マスク
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 児玉 卓郎司法書士 マスク

回答数

8

参考にした人

157

相談者:KAZU (和歌山県)

贈与税の非課税枠の110万は、贈与する側の非課税枠とですか?
それとも贈与される側の枠なのでしょうか?
例えば同じ年に妻と息子2人の合計3人に110万円ずつ贈与しても非課税になりますか?

専門家からの回答

  • KAZU様

    贈与税は贈与を受けた人に課税されるものです。
    110万円の基礎控除は、奥様とお子様それぞれに適用され、1年で合計330万円が
    非課税で贈与できます。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • あい行政書士事務所
    • 相続、遺言、お墓手続、離婚問題、農地転用、車庫証明・登録手続、クーリングオフ、内容証明、各種許可申請、各種補助金・助成金申請
  • 贈与される側の枠です。
    3人にそれぞれ110万円の非課税枠がありますので、
    例えの条件なら非課税での贈与が可能です。

    あとで税務署に指摘されないように、贈与契約書の作成をお勧めします。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 株式会社大峰
    • 住宅をはじめとする不動産の購入、売却不動産に関するコンサルティング収益物件の管理相続不動産の整理
  • 贈与される側です。
    3人に各110万大丈夫です。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • 前記の先生方が回答されていますように、贈与される側の非課税枠です。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 秋間行政書士事務所
    • 1.遺言・相続業務が中心です。2.離婚協議書作成業務も扱っています。3.各種契約書作成、建設業許可、会社設立業務も可能です。
  • 贈与される側について年間110万円の非課税枠があります。基本的に贈与税が発生する場合は贈与される側で支払うことになります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 群馬県前橋市の小林大栄行政書士登記土地家屋調査士測量設計事務所
    • 平成04年12月から平成11年12月まで東京池袋:十亀司法書士・土地家屋調査士事務所で修業平成12年01月群馬県前橋市南町三丁目にて登...
    • 回答 6
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2016年11月25日 19:49:06

    はじめまして。
     まず、贈与税の課税につき、法律は「贈与により財産を取得した者に係る贈与税額として計算した金額」に対して課す旨を定めています。その為、具体的な税額を計算する為の様々な規定も、基本的には贈与を受けた方の課税対象となる財産についてその適否を考える事になります。
     従いまして、ご質問頂いている控除につきましても、贈与税額を計算する上で適用されるものですから、ご相談者様の場合も、贈与を受けられる側である奥様及びお子様各自につき、それぞれが受けられた贈与額に対して適用する形となりますので、ご質問に対する回答としましては、正にご指摘の通りという事になるかと思われます。
     簡単ですがご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...
  • kazuさまへ
    贈与税の考え方は以上の皆様の回答どおりです。もらった人一人について考えていただければよいことです。110万円の計算の期間は、その年の1月1日から12月31日までにもらった金銭の合計額が対象になります。たとえば年末に110万円もらって翌年正月に同額もらっても年度が替わっているので問題はありません。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • もらう方の1人の非課税枠が1年で110万円ですから、それぞれ110万円合計330万円ということになります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 司法書士行政書士児玉事務所
    • 多重債務に悩む債権者に代わり、債務整理や過払い請求、自己破産手続き、会社設立、商業登記や相続財産である不動産の登記などの各種手続きの代...

贈与税に関する無料相続相談

回答ランキング
  • 宇井 勝行政書士 マスク
  • 高倉下行政書士法務事務所

回答ランキングをもっと見る