相談番号:1,474

養子入りした夫との離婚の財産分与について

  • 投稿日:
  • 2017年02月13日
  • 回答受付終了
  • 相談者:
  • ももシロ
  • 回答者:
    • 内藤 政信弁護士 マスク
    • 竹之下  シゲキ行政書士 マスク
    • 土地家屋調査士行政書士小林大栄行政書士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 宇井 勝行政書士 マスク

回答数

5

参考にした人

262

相談者:ももシロ (富山県)

夫と結婚した時に私の家に養子に入り、夫が私の父と養子縁組しています。
その後自宅を新築する際に父から1500万円を贈与してもらい、残りを住宅ローンを組みました。
土地建物は夫名義です。
夫と離婚することになり、自宅を売却して住宅ローンを清算することで同意したのですが、夫は残りの利益分を半分請求してきました。
もともと私の両親から贈与されたものなので、渡したくありません。
私の父との養子縁組を解除しても、半分渡さないといけないのでしょうか。

専門家からの回答

  • あなたに贈与したものかね。
    そのように考えるのが自然かな。
    それとも2人に贈与したものかね。
    贈与税の問題はさておくことにするが。
    あなたに贈与したなら、その拠出は特有財産なのでその価値はあなたのもの。
    2人なら半分っこになるね。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • ◆ 半分渡さないといけないか? ➡ 特有財産なので渡さなくていいですね。

    「特有財産」・・・結婚前に持っていた預貯金や嫁入り道具、結婚にあたって親から贈られ

             た金銭や不動産、親から相続した遺産、『贈与された財産』など

    ★ これは得た時期が婚姻後であっても、夫婦共有財産にはなりません。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • コルレオーネ行政書士事務所
    • 離婚協議書、事務委任契約書、任意後見契約書、遺産分割協議書等の作成。シングルマザーの子育て、学習相談。
  • 養子縁組のための贈与であれば、夫1/2・妻1/2なるのが普通かもしれません。婿養子のための贈与としたことも考慮する必要はあります。肩身の狭い境遇を思いやる気持ちも大切です。お近くの相続・贈与・遺言専門の行政書士事務所に相談お願い致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 群馬県前橋市の小林大栄行政書士登記土地家屋調査士測量設計事務所
    • 平成04年12月から平成11年12月まで東京池袋:十亀司法書士・土地家屋調査士事務所で修業平成12年01月群馬県前橋市南町三丁目にて登...
  • ももシロさんへ
    夫名義の財産は原則夫のものかと思われます。あなたとの離婚に際して自宅の売却と住宅ローンの精算をすることで合意してるというのなら、その中での残りの利益分があり、夫側からその半分の請求が妥当かどうか夫との話合いがどこまでしてあるかによって決めるしかないと思われますが、住宅ローンを組んだのが夫だとしたら夫の言い分が妥当かと思います。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
    • 回答 5
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2017年02月14日 08:31:28

    はじめまして。
     まず、養子縁組に際し、法律は「戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる」事と定めています。その為、養子縁組に際し、何らかの財産の授受がなされたとしましても、それは養子縁組の効力とは直接は関係がありませんので、同様に、縁組の解除に際しても何らかの財産の授受が必須という訳ではない事になります。
     又、離婚の際、一方当事者は相手方に対して、いわゆる財産分与を請求する事ができるとされていますが、いわゆる財産分与は、基本的には夫婦が婚姻期間中に共同で築き上げた財産を、離婚に際して清算する為のものとされていますが、実質的には離婚後の生活の保障や慰謝料的性格等も併せ持つとも考えられていますので、その為、当事者の協議がまとまらず、家庭裁判所に判断が持ち込まれた場合には「一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める」事とされています。
     従いまして、ご質問に端的にお答えしてしまえば、必ずしも相手方の要求に応じて半分渡さなけれならないものではない、という事になります。ただ、分与の方法につきましては、一次的には当事者の協議に委ねられていますので、諸々の事情を考慮頂いた上でお互いに納得が行く合意点を模索して頂ければとも思われます。
     簡単な内容に止まりますが、ご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...

養子縁組に関する無料相続相談