相続の基礎知識

相続に関する基礎知識をまとめた入門書。
相続対策を考える上で必読の知識を集約。

記事一覧

  • Vol.1

    「相続問題」あなたがいざその当事者となった場合、誰に何を相談すれば良いのでしょうか…?遺産相続の専門家は大きく分けて「弁護士」「司法書士」「行政書士」「税理士」がいますが、不動産などに関して言え...

  • Vol.2

    相続が発生した時、ある人は「相続の期限切れで遺産が誰かの物になってしまうのでは?」と思われるかもしれません、またある人は、「そんなのほっといても大丈夫だよ!」とか、あるいは「役所が不都合の場合は...

  • Vol.3

    民法で定められた相続の順位について。配偶者がある場合に被相続人に子がいれば被相続人の配偶者と第1順位である子またはその代襲相続人(孫・ひ孫)が相続人となります。子もその代襲相続人である孫・ひ孫も...

  • Vol.4

    遺言書とは、被相続人が死亡する前に自分の財産処分の方法を記したものとして、基本的には遺産を相続する者や遺産の分配方法を自由に決めることができる、遺産相続において非常に強い効力を持つ書類です。遺言...

  • Vol.5

    遺言執行者(ゆいごんしっこうしゃ)についての基礎知識と選任の仕方、手続き、解約時の注意点などを解説していきます。まずは遺言執行者に関する主だった民法をざっと確認しておきましょう。遺言者は、遺言...

  • Vol.6

    遺産相続に限らず「孫に自分の財産を残したい」と考えるおじいちゃんやおばあちゃんは多い筈です。孫に財産をあげたい場合、ご自身の死亡後に財産をあげる場合と、生前(生きている間)に財産をあげる場合が...

  • Vol.7

    嫡出子と非嫡出子(ひちゃくしゅつし)の違いを説明する前に、まずは「結婚」と「婚姻」についての概念を確認しましょう。「結婚」と「婚姻」の概念を理解しよう。広辞苑では「婚姻」の定義として、「結婚す...

    • 1