• 検索結果 :
  • すべて(新着順)
  • 1〜10件
  • 全1964件
    • 不動産

    23 view

    (1)守秘義務(宅建業法45条)(秘密を守る義務)◎基本的に、宅建業者やその従業者は、正当な理由なく、業務上知りえた秘密を他に漏らしてはなりません。「正当な理由なく」ですので、本人の承諾がある場合や裁判所の証人となった場合など、それなりの理由があれば秘密を漏らすことも可能で...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    5 view

    8)重要事項の説明において【貸借の場合では、説明不要な事項】➀「建物貸借の場合では、建ペイ率や容積率など」の説明は不要です。➁「既存住宅の場合、設計や点検記録などの保存状況」の説明は不要です。③「建物貸借の場合では、私道負担」の説明は不要です。④「手付金等における保全処置の...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    24 view

    〖営業保証金制度・弁済業務保証金制度の目的〗宅地建物取引業法(宅建業法)において、営業保証金または弁済業務保証金を供託する制度を定めています。「営業保証金」・「弁済業務保証金」は、取引の相手方を保護するため、供託所に金銭や国債などを供託するものです。◆営業保証金は宅建業者が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    23 view

    〖免許換えの効力】免許換えの申請があった場合には、従前の免許の有効期間の満了の日までにその申請について処分がなされないときは、従前の免許は、免許の有効期間の満了後もその処分がなされるまでの間は、なお効力を有します。つまり、免許換えの申請をして、免許権者がその審査をしている間...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    8 view

    内閣総理大臣の異議(第27条)1、執行停止の申立てがあつた場合には、内閣総理大臣は、裁判所に対し、異議を述べることができる。執行停止の決定があつた後においても、同様です。2、内閣総理大臣の異議には、理由を附さなければならない。3、内閣総理大臣の異議の理由においては、内閣総理...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    12 view

    【免許換えの申請手続き】免許換えの申請手続きは、次の3つの場合により申請手続きが異なります。1、国土交通大臣の免許を受けた者が一の都道府県の区域内にのみ事務所を有することとなったときの場合◆この場合は、大臣免許から「都道府県知事免許」に免許換えですから、免許換えの申請手続き...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    15 view

    【免許換えの申請必要な場合】宅地建物取引業者が免許を受けた後、下記に該当した場合は、従前の国土交通大臣又は都道府県知事の免許は、その効力を失います。1、国土交通大臣の免許を受けた者が一の都道府県の区域内にのみ事務所を有することとなったとき。2、都道府県知事の免許を受けた者が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    11 view

    免許の有効期間・更新「宅地建物取引業」の免許の有効期間は5年です。1、宅建試験に合格した者が行う「取引士登録」の効力は、登録の消除がされない限り「一生有効」であります。2、5年の有効期間の満了後引き続き宅地建物取引業を営もうとする者は、免許の更新を受けなければならない。いわ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    12 view

    1)免許の効力(法3条)宅地建物取引業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に事務所(本店、支店その他の政令で定めるものをいう。以下同じ。)を設置してその事業を営もうとする場合にあっては「国土交通大臣」の許を受けなければならない。一の都道府県の区域内にのみ事務所を設置...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    22 view

    【取消訴訟の訴訟要件】訴訟要件は取消訴訟などの行政事件訴訟において訴えが適法であるかどうかを判断する条件を意味します。つまり、一定の訴訟要件をみたす必要があります。訴訟要件を満たさない訴訟の提起は、不適法なものとして審理されることなく却下になります。取消訴訟の「訴訟要件」に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク