• 検索結果 :
  • すべて(新着順)
  • 1〜10件
  • 全2175件
    • 不動産

    7 view

    信託の登記というのは、土地などの管理や処分を受託者(信託会社など)に任せるものです。土地の管理などを受託者に任せるにあたって、受託者に土地の所有権移転登記をする形をとります。不動産登記法99条=受益者又は委託者は、受託者に代わって信託の登記を申請することができる.本条では、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    20 view

    Ⅱ-登記記録の編成⑴登記記録登記記録には、土地の登記記録と建物の登記記録があります。いずれも、➊「表題部」❷「権利部」があります。❷「権利部」は、➀「甲区」と➁「乙区」に分けられrています。⑵「表題部」表題部には、その「不動産の物理的な現況」が記載されています。この表題部に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    5 view

    Ⅰ-登記記録⑴登記簿には➊表題部と❷権利部があります。➊表題部は、「表示に関する登記」が記録されます。❷権利部は、「権利に関する登記」が記録されます。⑵登記事項証明書登記事項証明書とは、登記記録に記録されている事項を証明した書面であります。請求に係る不動産の管轄登記所以外の...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    32 view

    (2)不動産登記簿不動産登記法は、不動産の物理的現況、つまり、「所在・面積等々」、また、不動産の権利関係、つまり、「所有者、抵当権・担保権の有無など」を公示し、円滑に不動産取引ができるように規定を設けたものである。すなわち、登記は、登記官が登記記録を登記簿に記録することであ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    5 view

    不動産登記法(1)概要(不動産登記制度の目的)不動産の所有権取得等は、登記をしなければ第三者に対抗することができません。先に不動産を買っても登記をしなければ、後から買って先に登記をした者がその不動産所有権を取得します。不動産の取得以外にも、抵当権や地上権、地役権等を移転・設...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    34 view

    ☆時効の中断事由のポイント1.請求(裁判上の訴えの提起、裁判外の催告)☆裁判における債権の給付を求める訴え、支払命令、和解のための呼び出し、破産手続参加などです。☆催告とは、債権者に催告するとともに、6ヶ月以内に裁判上の請求等をすることによって、催告のときにさかのぼって時効...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    6 view

    [3]時効の中断事由時効が完成すると、元の権利者は、最初からその権利がなかったことになります。そこで、時効の成立に必要な期間の進行を中断させ、それまでの期間の経過をゼロにすることを「時効の中断」といいます。➊「時効の中断」とは、一定期間継続していた状態を「最初の状態に戻す」...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    30 view

    [2]時効の援用の効果➊時効による効果は、時効の援用によって発生します。❷この時効の効果は、起算日にさかのぼります。時効の完成した時からではありません。➌「取得時効」の場合「取得時効」の場合は、その物は最初から時効取得者の物となります。これを。「原始取得」といいます。たとえ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    7 view

    [1]時効の援用時効の要件を満たしたとしても、「時効によって利益を受ける旨」の意思表示をしければなりません。「時効によって利益を受ける旨」の意思表示を、「援用」といいます。そして、1、援用がなければ、裁判所は「援用」に基づいて裁判をすることができません。2、この援用ができる...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    6 view

    消滅時効の場合、時効の要件を満たしても、「借金を支払う」という意思があれば、法は、それを妨げる理由はありません。このようなことを、「時効の利益の放棄」といいます。〖時効の利益の放棄〗1、時効の利益の放棄ができる場合*時効の利益の放棄ができる場合は、「時効の完成後」です。*時...

    • 武井  信雄行政書士 マスク