• 検索結果 :
  • (新着順)
  • 1〜10件
  • 全1811件
    • ビジネス

    1 view

    出訴期間(法14条)(1)主観的出訴期間取消訴訟は、処分又は裁決があつたことを知つた日から六箇月を経過したときは、提起することができない。ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。(2)客観的出訴期間取消訴訟は、処分又は裁決の日から一年を経過したときは、提起することが...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    3 view

    行政事件訴訟法における「裁判管轄」1)取消訴訟は、「被告の普通裁判籍の所在地」または「処分庁、裁決庁の所在地」を管轄する地方裁判所に提起するのが原則となる。また、処分庁が国の地方出先機関である場合は処分庁の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。2)被告が、「国...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    33 view

    ❷手付の額の制限等手付の額の制限とは、売主が宅地建物取引業者である宅地建物の売買契約を締結するとき、手付は、代金の額の10分の2を超えてはならないという制限のことです(法39条1項)。この手付が高額であると、買主としては手付を放棄して売買契約を解除することが難しくなり、売買...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    7 view

    ➊解約手付とは手付金は、不動産売買で必ず登場します。宅建試験でもよく出題されます。知識の定着を心がけておくと良い思います。手付金とは売買契約時に支払われる「契約に必要なお金」であります。具体的には、売買契約締結の際に「売買契約保証」として買主から売主に交付される金銭のことを...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    34 view

    不動産登記簿現在、登記簿は磁気ディスクをもって調製されています。登記所(法務局)では,所定の請求書を提出すると,だれでも登記事項証明書(登記事項の全部又は一部を証明した書面。)の交付を受けることができます。そして、だれでも登記事項要約書(登記事項の概要を記載した書面)の交付...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    12 view

    ◇日本国憲法における、行政事件も最高裁を頂点とする司法裁判所の裁判に服するものとなっています。ただし、行政事件にふさわしい訴訟手続きを定める必要があることから、民事訴訟法とは別に、行政事件訴訟法において、取消訴訟などの行政による公権力の行使に関する不服の訴訟(抗告訴訟)、当...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    34 view

    行政事件訴訟法の意義行政事件訴訟法は、行政事件に関する一般法(基本法)である(第1条)。行政事件訴訟法において裁判所による正式な訴訟手続に基づいて行われる行政事件の裁判(実質的な意義)について、訴訟類型として➊抗告訴訟、❷当事者訴訟、➌民衆訴訟、➍機関訴訟(形式的な意義)の...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    7 view

    不動産登記制度の意義不動産登記制度は、不動産の表示及び不動産に関する権利を公示することによって、当該不動産に関する権利の保全を図るとともに、取引の安全と円滑に資することを目的した不動産登記法に定められている(法1)。不動産を取引する上において、その土地にいかなる物権が成立し...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 遺言

    8 view

    遺留分の放棄1、【兄弟姉妹】法定相続人のなかで、遺留分請求ができないのは、兄弟姉妹です。兄弟姉妹が相続人になっている場合には、遺留分の請求が認められません。兄弟姉妹は子ども、親に継ぐ第3順位の法定相続人です。しかし、子どもや親などの直系の親族と比較すると、被相続人との関係が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    8 view

    1.遺留分とは遺留分とは、「一定の範囲の法定相続人」に認められる、「最低限の遺産取得分」のことです。民法は、被相続人と密接な関係のある人を法定相続人と定めて遺産相続をさせることにより、なるべく被相続人に近かった人が多くの遺産を引き継げるように配慮しています。しかしながら、反...

    • 武井  信雄行政書士 マスク