• 検索結果 :
  • (新着順)
  • 1〜10件
  • 全2030件
    • 不動産

    27 view

    委任⑴善管注意義務受任者は委任の本旨に従い、無償でも「善良な管理者の注意」をもって委任事務を処理する義務を負う。報告義務を負う。⑵報酬受任者は、特約がなければ「報酬」を請求できない。報酬は後払いが原則である。受任者が委任の責に帰することのできない事由で、委任が途中で終わった...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    6 view

    <1>固定資産税の概要1.課税主体:土地や家屋などの固定資産が所在する市町村です。2.課税客体:固定資産(土地、家屋、償却資産)です。3.納税義務者:賦課期日(1月1日)における固定資産の「所有者」です。①売買などで年の途中に所有者が変わった場合でも、その年度分の固定資産税...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    5 view

    固定資産税固定資産税とは、固定資産(土地、家屋、償却資産)を所有していることに対して課される税金です。原則、取得の翌年度から、所有者に毎年課税されます。★注釈;償却資産:土地及び家屋以外の事業用資産で、減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の所得の計算上、損金ま...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    31 view

    DCF法(DiscountedCashFlow法の略)DCF法とは、不動産を所有することにより長期的に得る利益と、不動産を維持するために必要な経費などを総合的に予想しつつ、その不動産の「現在の価値」を判断し、価格を算出する方法です。直接還元法は、一年間などの短期的な利益だけ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    38 view

    収益還元法対象不動産が将来生み出す、期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格(収益価格)を求める手法と定義されている。賃貸用不動産または賃貸以外の事業用不動産の価格を求める際に特に有効となります。(自用の住宅地でも賃貸を想定することにより適用さ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    24 view

    直接還元法直接還元法とは、不動産から得ることのできる一定期間(通常1年間)の純利益(収入から経費を減じた額)を一定の還元利回りで除して算出する手法です。例えば、築年数が新しいなどを理由に、家賃が高く設定された賃貸アパートは、多くの家賃収入が見込めるため、直接還元法で価値を判...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    46 view

    【物権変動のポイント】⑴物権変動を生じる時期原則として契約の時(意思表示の時)である。ただし、当事者間で特約があるときは、特約に従います。⑵公示の原則物権変動は、常に外部からわかるように公示しなければならないという原則で、公示の原則は、動産・不動産に共通です。⑶公信の原則真...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    38 view

    公信の原則公信の原則とは、「真実の権利関係」があるような「外形を信頼した者は保護されなければならない」という原則です。物権の存在を推測させるような外形、つまり、「登記」、「登録」、「占有」などによる公示を信頼して取引関係に入った者は、その外形が「真実の権利関係を反映しない虚...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    12 view

    【4】公示の原則公示の原則とは、物権の変動は「常に外部からわかるように明示・公示しなければならない」という原則です。すなわち、権利状態が客観的にわかるようにする原則です。土地・建物のような「不動産」の取引は、外見上の変化がありません。そのため、所有権・抵当権など排他的権利が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    14 view

    【3】物権変動を生じる時期物権変動を生じる時期とは、民法において「物権の設定および移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる」(176条)と定めています。よって、物権変動は、原則として意思表示をした時、つまりは契約時に生じることになります。当事者の意思表示だけで...

    • 武井  信雄行政書士 マスク