• 検索結果 :
  • 相続(新着順)
  • 1〜10件
  • 全280件
    • 相続
    • 不動産
    • ライフプラン

    54 view

    1.配偶者居住権の創設遺言書が無い場合は民法の規定に基づき遺産分割がなされる。そうすると配偶者が自宅を相続した場合、預貯金の相続額が減ってしまい、生活費が不足する恐れが考えられる。そこで、2020年4月以降は所有権と居住権を分けられるようにして、自宅の居住を続けながら預貯金...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • 相続

    60 view

    遺産分割協議に時間がかかる原因は遺産分割協議に期限が無いことである。納得できない人が一人でもいると、納得できるまで何年もかかることになる。では、どういう相続人だと長引くのか?1.相続する子どもが50代や60代のケース相続人が仕事や子育てで忙しい30代や40代の人なら、遺産分...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • 相続

    41 view

    遺言の方式【960条遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。】【961条満十五歳に達した者は、遺言をすることができる。】遺言には普通方式遺言と特別方式遺言とがあり、普通方式遺言には❶「自筆証書遺言」❷「公正証書遺言」❸「秘密証書遺言」の3種類が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    138 view

    相続の放棄◆【938条:相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。】◆【939条:相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初から相続人とならなかつたものとみなす。】相続放棄とは、被相続人の財産のすべてを放棄し、一切の財産を相続しない方法です...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    129 view

    遺留分減殺請求権の消滅時効遺留分減殺請求権には、特に短期の権利行使期間が定めれています。遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が「相続の開始」および「減殺すべき遺贈等」があったことを知ったときから1年間。または相続開始のときから10年間行使しないと、時効により消滅します(1042条)。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    138 view

    遺留分査定の基礎となる財産「遺留分算定の基礎財産」を計算しなければ、実際の遺留分がどのくらいになるのかは計算できません。そこで、基本的な計算方法としては次の通りです。1、最初に「❶~❺の財産」を全て合計します。❶被相続人が死亡時において有していた積極財産の価額(なお、生命保...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    143 view

    【2】遺留分の権利者遺留分が認められ,減殺請求をすることができる権利を持っている人のことを「遺留分権利者」といいます。他方,遺留分を侵害しているために減殺請求に応じなければならない人は「遺留分義務者」といいます。「遺留分権利者」とは、法定相続人(兄弟姉妹は除く)です。兄弟姉...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    176 view

    〖遺留分〗★★【1】意義遺留分とは、一定の範囲の法定相続人に認められる、最低限の遺産取得分のことです。民法の相続規定は原則として遺言によって排除しうる任意規定であります。被相続人は相続財産を生前処分や死因処分によって自由に処分することができます。しかし、相続は相続人の生活保...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    134 view

    1.遺留分とは遺留分とは、「一定の範囲の法定相続人」に認められる、「最低限の遺産取得分」のことです。民法は、被相続人と密接な関係のある人を法定相続人と定めて遺産相続をさせることにより、なるべく被相続人に近かった人が多くの遺産を引き継げるように配慮しています。しかしながら、反...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    237 view

    〖相続放棄〗相続放棄は遺産分割において、相続権を有する人が、その権利を放棄する手続きを言います。相続放棄をする場合は、次のような時です。①資産よりも負債が多い場合➁相続争いをしたくない場合◆相続放棄をすると、相続の手続き上「最初から相続人でなかった」として扱われます。よって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク