• 検索結果 :
  • 相続(新着順)
  • 1〜10件
  • 全278件
    • 相続
    • 相続税
    • 不動産

    32 view

    相続の時に揉める理由の一つとして、相続財産のうち、不動産の割合が多いことがあげられます。相続財産に不動産が多いという事は、不動産は分けづらい財産の1つなので、相続人同士で均等に相続財産を分けることが難しくなります。現金・預金でしたら相続人の間で分けることも簡単にできます。例...

    • 竹清嘉晃FP マスク
    現金と不動産の相続評価の違い
    • 相続

    60 view

    相続の放棄◆【938条:相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。】◆【939条:相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初から相続人とならなかつたものとみなす。】相続放棄とは、被相続人の財産のすべてを放棄し、一切の財産を相続しない方法です...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    65 view

    遺留分減殺請求権の消滅時効遺留分減殺請求権には、特に短期の権利行使期間が定めれています。遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が「相続の開始」および「減殺すべき遺贈等」があったことを知ったときから1年間。または相続開始のときから10年間行使しないと、時効により消滅します(1042条)。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    70 view

    遺留分査定の基礎となる財産「遺留分算定の基礎財産」を計算しなければ、実際の遺留分がどのくらいになるのかは計算できません。そこで、基本的な計算方法としては次の通りです。1、最初に「❶~❺の財産」を全て合計します。❶被相続人が死亡時において有していた積極財産の価額(なお、生命保...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    75 view

    【2】遺留分の権利者遺留分が認められ,減殺請求をすることができる権利を持っている人のことを「遺留分権利者」といいます。他方,遺留分を侵害しているために減殺請求に応じなければならない人は「遺留分義務者」といいます。「遺留分権利者」とは、法定相続人(兄弟姉妹は除く)です。兄弟姉...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    89 view

    〖遺留分〗★★【1】意義遺留分とは、一定の範囲の法定相続人に認められる、最低限の遺産取得分のことです。民法の相続規定は原則として遺言によって排除しうる任意規定であります。被相続人は相続財産を生前処分や死因処分によって自由に処分することができます。しかし、相続は相続人の生活保...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    75 view

    1.遺留分とは遺留分とは、「一定の範囲の法定相続人」に認められる、「最低限の遺産取得分」のことです。民法は、被相続人と密接な関係のある人を法定相続人と定めて遺産相続をさせることにより、なるべく被相続人に近かった人が多くの遺産を引き継げるように配慮しています。しかしながら、反...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    171 view

    〖相続放棄〗相続放棄は遺産分割において、相続権を有する人が、その権利を放棄する手続きを言います。相続放棄をする場合は、次のような時です。①資産よりも負債が多い場合➁相続争いをしたくない場合◆相続放棄をすると、相続の手続き上「最初から相続人でなかった」として扱われます。よって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    192 view

    ☆相続の承認・放棄の条件①相続の承認・放棄は、相続人が相続の開始を知ったときから3ヶ月以内にしなければならない!②一度した相続の承認・放棄は、原則として撤回することができません。③未成年者が相続の承認・放棄をする場合、法定代理人の同意を要します。④相続開始前に、前もって相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    217 view

    (1)相続の承認・放棄被相続人の相続財産には、積極財産と消極財産があります。積極財産とは、相続することでプラスになる財産です。消極財産とは、相続することでマイナスになる財産です。そこで、被相続人が死亡した場合、相続人は相続を承認するのも放棄するのも自由です。相続には①「限定...

    • 武井  信雄行政書士 マスク