• 検索結果 :
  • 相続(新着順)
  • 1〜10件
  • 全272件
    • 相続

    8 view

    1.遺留分とは遺留分とは、「一定の範囲の法定相続人」に認められる、「最低限の遺産取得分」のことです。民法は、被相続人と密接な関係のある人を法定相続人と定めて遺産相続をさせることにより、なるべく被相続人に近かった人が多くの遺産を引き継げるように配慮しています。しかしながら、反...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    91 view

    〖相続放棄〗相続放棄は遺産分割において、相続権を有する人が、その権利を放棄する手続きを言います。相続放棄をする場合は、次のような時です。①資産よりも負債が多い場合➁相続争いをしたくない場合◆相続放棄をすると、相続の手続き上「最初から相続人でなかった」として扱われます。よって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    126 view

    ☆相続の承認・放棄の条件①相続の承認・放棄は、相続人が相続の開始を知ったときから3ヶ月以内にしなければならない!②一度した相続の承認・放棄は、原則として撤回することができません。③未成年者が相続の承認・放棄をする場合、法定代理人の同意を要します。④相続開始前に、前もって相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    140 view

    (1)相続の承認・放棄被相続人の相続財産には、積極財産と消極財産があります。積極財産とは、相続することでプラスになる財産です。消極財産とは、相続することでマイナスになる財産です。そこで、被相続人が死亡した場合、相続人は相続を承認するのも放棄するのも自由です。相続には①「限定...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    90 view

    3,相続人の廃除の効力廃除された相続人は、被相続人の死亡のときに遡って、相続人から除外されます。遺留分も有しないことになります。なお、推定相続人が廃除された場合にも、代襲相続の規定により、廃除された者の子がこれを代襲して相続人になります。したがって、廃除をしても、孫に相続さ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    47 view

    相続の承認・放棄被相続人が死亡した場合、相続人は相続を承認するのも放棄するのも自由です。相続には「限定承認」「単純承認」があります。①「限定承認」とは、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務等を弁済し、固有財産をもって責任を負わないという留保付で権利義務を承継...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    60 view

    相続欠格事由欠格事由は、5つあります。〚1〛被相続人や相続人を殺害し、又は殺害しようとしたために、刑に処せられた者。「殺害」とは、故意による殺人に限られ、過失により死亡させた場合は含まないと考えられています。「刑に処せられた者」とされているため、執行猶予付判決で猶予期間が満...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    88 view

    (2)再代襲相続再代襲相続が開始されるには、その前提となる代襲相続の要件を満たしている必要があります。よって、被相続人と相続人との関係で代襲原因がなければなりません。つまり、相続人が相続開始時に死亡しているか,相続欠格事由があるかまたは被相続人によって排除されているかという...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    66 view

    (2)代襲相続(1)意義・要件・効果代襲相続とは、被相続人の死亡以前に、相続人になるべき「子」「兄弟姉妹」が死亡・廃除・欠格により相続権を失った場合、その者の直系卑属・兄弟姉妹の子が、その者の受けるはずであった相続分を相続する制度です。例えば、子が被相続人の死亡以前に死亡し...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    64 view

    <3>相続人の順位相続人は、被相続人の子、直系尊属、兄弟姉妹、配偶者が相続人になります。◇配偶者がいる場合は、配偶者は必ず相続人となります(890条)。そして、以下の者は配偶者とともに、配偶者がいないときは単独で、次の順位で相続人となります。第一順位:子第二順位:直系尊属第...

    • 武井  信雄行政書士 マスク