遺留分減殺請求権の消滅時効

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

211 PV

2019年01月24日 コラム番号:2,289

遺留分減殺請求権の消滅時効

遺留分減殺請求権には、特に短期の権利行使期間が定めれています。
遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が「相続の開始」および「減殺すべき遺贈等」があったことを知ったときから1年間。

または相続開始のときから10年間行使しないと、時効により消滅します(1042条)。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論