遺言の方式

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

167 PV

2019年09月05日 コラム番号:2,491

遺言の方式
【960条遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。】
【961条満十五歳に達した者は、遺言をすることができる。】

遺言には普通方式遺言と特別方式遺言とがあり、
普通方式遺言には
❶「自筆証書遺言」
❷「公正証書遺言」
❸「秘密証書遺言」の3種類があります。
それぞれの作成方法は異なり、それぞれにメリットデメリットがあります。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論