• 検索結果 :
  • 相続(新着順)
  • 91〜100件
  • 全280件
    • 相続
    • 相続税

    623 view

    遺産相続にも時効があるとお聞きになって驚かれたかもしれません。「時効」と言うものは、一定の期間が経過すると、自分の主張が認められなくなることで自分の権利を失ってしまう事を言います。例えばツケで飲食をして、何もしないで10年間放っておくと、請求する権利(貸金返還請求権)が、時...

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    遺産相続 時効
    • 相続
    • 不動産

    651 view

    今回は土地を相続した場合の流れと注意点等について簡単に述べていきます。土地を相続した際のおおまかな流れとしては、相続人全員で誰がどこの土地を相続するか?などを話し合い、全員が同意すれば遺産分割協議書に署名、捺印し、相続登記申請書を作成し、法務局に必要書類とともに提出すれば、...

    • 村山 和隆相続鑑定士 マスク
    相続 土地
    • 相続
    • 相続税
    • 遺言

    612 view

    もし、あなたの身内に不幸があり、相続が発生したとしたら誰に相談しますか。相続をすると相続税が課税される場合がありますので、土地や株式など資産価値が高い財産を相続するなら税理士に相談するという方が多いのではないのでしょうか。相続に際し、やはり税金の負担が生じるのかどうかは一番...

    • 公式コラム
    相続と税理士
    • 信託
    • 相続

    1,069 view

    1、ヒアリング:委託者がどのような想いで財産を遺したいのか詳しく聞くことから始まる。2、提案委託者の想いや家族との関係性を踏まえたうえで信託活用の提案をします。3、利害関係者間の調整柔軟な設定ができる処から複雑な相続関係を生じることから争続に向かわないように家族間の話合いを...

    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    民事信託のスケジュール
    • 信託
    • 相続

    1,251 view

    元気なうちに民事信託を設定しておくことにより、委託者本人の判断能力が喪失しても受託者によって継続的に積極的な資産運用ができる。*後見制度は、本人の財産を保護するのが主な目的なので積極的な財産の運用や相続税対策を行うことは出来ない。*委任契約や財産管理契約をしていたとしても資...

    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    民事信託制度を活用するメリット
    • 相続
    • 遺言
    • ビジネス

    690 view

    公正証書とは、法律の専門家である公証人が公証人法・民法などに従って作成する公文書です。公正証書には、遺言公正証書、任意後見契約公正証書、金銭の貸借に関する契約や土地・建物などの賃貸借に関する公正証書、離婚に伴う慰謝料・養育費の支払に関する公正証書並びに事実実験に関する公正証...

    • 公式コラム
    公正証書の種類と活用
    • 信託
    • 相続

    817 view

    自分自身の財産をどうしたいのかという「想い」、「願い」ですからそれを明確にしていくことから始めることになります。チェック項目は以下のとおりです。あなたに当てはまるものがある方はチェックを入れてみてください。

    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    民事信託の目的を明確にしておく
    • 信託
    • 相続

    1,192 view

    1、受託者が営利目的でないもの=民事信託。福祉信託、認知症対応信託、未成年者・障害者支援信託、実家売却信託、遺言代用信託、金銭贈与信託、生活再建支援信託、遺留分給付型信託、遺留分対抗型信託、家督承継信託、疑似隠居信託、受益権流通型信託、財産管理権分離信託、共有状態解消信託、...

    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 信託
    • 相続
    • 遺言

    993 view

    1、本人(自分)=委託者の財産を2、信頼できる人=受託者に託し3、賃料収益や株式の配当などの利益をもらう人=受益者のために4、特定の目的に従い管理・運用・処分してもらう財産管理等の手法です。信託という言葉を聞くと信託銀行で行われている商事信託や、証券会社で扱われている投資信...

    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 遺言
    • 相続
    • ライフプラン

    708 view

    まず、民法1016条1項は、遺言執行者は、遺言者がその遺言に反対の意思表示したときを除き、やむ得ない事由がなければ、第三者に任務を行わせることができない。ゆえに、民法1016条2項は、遺言執行者が遺言者がその遺言に反対の意思表示したときに第三者に任務を行わせる場合、相続人に...

    • 武江 泰男行政書士 マスク
    コラムを使ってセミナーの第9回目