コラムを使ってセミナーの第47回目

  • 武江 泰男行政書士 マスク

page view

600 PV

2017年09月10日 コラム番号:1,399

生命保険の活用の仕方PARTⅠについて

 今回は、生命保険の活用の仕方について、お話します。まず、生前贈与された1年間の財産の合計額が110万円以下であれば贈与税はかかりません。
 さらに、その場合は申告は不要となりますが、その現金を受贈者が生命保険の加入活用して頂く場合、受贈者が契約者となります。


 そこで、その生命保険料で生命保険契約を支払うことになりますので、1年間の財産の合計額が110万円以下であればその契約内容に関わらず贈与税&申告は不要となります。
 従って、武江きずな行政書士事務所では、平成29年4月6日より日本生命保険代理店開設開業で生命保険による相続対策の為の生命保険活用も可能となり、全てそのご相談は無料となり、ご予約頂ければ日本生命保険の女性職員もご相談をお受け致します。


 そして、私の元職場の東京スター銀行、日本政策金融公庫、城北信用金庫、朝日信用金庫、西武信用金庫、東京信用金庫、興産信用金庫、第一勧業信用組合等と東京都行政書士会が協定締結により、銀行員14年半の経験&信用に基づいて、荒川区で唯一の銀行出身者行政書士武江泰男がお客様のご融資の相談に誠実に対応及び上記金融機関とお客様とご一緒に交渉に当たらせて頂きますので、ご依頼頂ければ幸いです。


 さらに、東京都行政書士会が社会貢献の一環として設立した法人の公益社団法人成年後見支援センターヒルフェも上記、城北信用金庫、第一勧業信用組合、東京信用金庫、朝日信用金庫、西武信用金庫、興産信用金庫、金融機関と協定締結により、平成27年4月1日から後見人等候補者荒川区で唯一の名簿登載者武江泰男は、高齢化による認知症等の成年後見では、カフェ「結」でヒルフェのパンフレット等を使って7月は成年後見制度&8月は行政書士とはどういう仕事か?等のお話&ご質問にお答え&9月は9月25日~10月15日第4回花フェス2017&ヒルフェのセミナーの予定の宣伝&生命保険のお話を日本生命保険担当者の説明等ご要望も頂き検討させて頂く予定です。


 そして、9月25日~10月15日第4回花フェス2017は、城北信用金庫も昨年に引き続き参加及び日本生命保険のご協力も受けての下町の79店舗の参加店+尾久の原公園&あらかわ遊園&ゆいの森あらかわ&素盞雄神社の観光スポット4ヶ所を巡るスタンプラリーの始発駅として当事務所をご活用頂ければ幸いです。
 さらに、2025年問題による事業承継等についても、弁護士&税理士&社会保険労務士等と連携してお客様のご依頼に万全を期しております。


 ゆえに、日暮里・西日暮里・三河島・荒川・町屋・尾久・南千住・秋葉原・神田・鶯谷・上野・浅草・北千住・王子・茗荷谷・錦糸町・小岩・池袋・金町の行政書士の武江きずな行政書士事務所では、メールで24時間受付中初回相談料1時間まで無料となりますので、☎・FAX:03(3801)3640でも受付中ですから、ご質問頂ければ幸いです。


 最後に、武きずなの行政書士ふれあい日記は、ほぼ毎日掲載しており、そちらの方も是非ご覧頂ければ幸いです。

コラムを使ってセミナーの第47回目 イメージ1

コラム執筆者

  • 相続遺言コンサルタント業務(遺産分割協議書の作成・遺言書の起案及び作成指導・争族にならない為の相続人の確定・相続財産の調査・遺言執行手...