【第1話、生命保険の種類①】

  • 小川 豪FP マスク

page view

1,032 PV

2014年12月10日 コラム番号:142

皆さま、初めまして。
保険のお話を連載させて頂きます。いろいろな場面で皆様と関係している保険ですが、何か分かり辛いと感じていらっしゃる方も多いと思い、毎回テーマを絞って書いてみたいと思います。

【第1話、生命保険の種類①】 イメージ1

8割を超える方が加入している生命保険。いろいろな商品や保障が溢れている中、まずは死亡保障の代表的なものを纏めてみました。

①終身保険
一生涯(終身)に亘って保障する保険です。保険料の払込が終了した後も保障が続く為、葬儀の準備資金や相続対策に適しています。また貯蓄性もある為、生存中の年金受取に移行する事も出来ます。

(払込開始)→ 生存 → (払込終了)→ 一生涯の保障

②定期保険(全期型)
一定の期間を保障する保険です。お子様の成長やお仕事に合わせて、必要な時期だけ必要な保障を得られ、保険料も3種類の中で最も割安ですが、満期保険金の無い掛け捨ての保険となります。収入保障保険もこの種類に属します。

(払込開始)→ 生存 → (払込終了)→ 保障終了(満期保険金なし)

③養老保険
一定の期間を保障する点は定期保険と同じですが、無事期間が満了した場合は死亡保障と同額の満期保険金を受け取れます。生死両方に対応できる保険の為、3種類の中で一番割高な保険料となります。因みに、養老とは、「老後を安らかにおくる」の意味があるそうです。
                       
(払込開始)→ 生存 → (払込終了)→ 保障終了(満期保険金あり)

コラム執筆者

  • 毎年100組以上のFP相談(相続や住宅ローン、保険)の面談実績保険、住宅ローン、相続を中心に士業とのネットワークを活かした分かり易い対...