3代先の家族の幸せを実現する家族信託

  • 公式コラム

page view

349 PV

2018年01月29日 コラム番号:1,721

“人はいつか亡くなります。”が、その時、保有財産に対してしっかりと“責任”をもって亡くなる方は何人いるのでしょうか?

一般的な遺言書である『公正証書遺言』作成件数は平成28年に10万5350件(日本公証人連合会の統計)、平成8年の5万件から毎年増加し20年間で2倍に達しました。

他に『自筆証書遺言』『秘密証書遺言』(統計資料無し)を含めますと実際に遺言書を作成している人は10万人をはるかに超えます。
が、年間死亡者数130万人(厚労省人口動態統計)の10%にも満たない方しか遺言書を作成していないのが現状で、責任をもって亡くなる方は非常に少ないのです。

3代先の家族の幸せを実現する家族信託 イメージ1

“減らさない!凍結させない!揉めさせない! 財産管理3大需要ポイント”

『家族信託活用マニュアル』の著書である河合保弘先生は、著書の中で『「減らさない」「凍結させない」「揉めさせない」が3大重要ポイントで、それぞれについて相続税、後見人、法定相続人というものが、ともすれば邪魔をすることになる』と、おっしゃっています。

3代先の家族の幸せを実現する家族信託 イメージ2

相続税対策としてアパマン投資の土地活用を活用しますが、長期戦略が必要で不動産管理の委譲を家族信託で行い補完します。

また、後見人対策として財産が自分の管理を離れて後見人の管理下に置かれる前に外す方法は家族信託しかありません。

一般法の民法で法定相続人や遺留分が自動的に決まりますが、特別法の信託法である家族信託を活用し、亡くなる前の自身の想いや責任を実行しましょう。

家族信託に関する無料相続相談