• 検索結果 :
  • 不動産(新着順)
  • 1〜10件
  • 全527件
    • 不動産

    6 view

    4、専用使用権に関する規約の定め専用使用権に関する規約の定めに関しては、専用庭、ルーフバルコニー、駐車場、トランクルームなど、区分所有建物の敷地、共用部分、付属施設等に関して、特定の区分所有者にのみ使用を認める専用使用権が規約等で定められている場合がありので十分理解できるよ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    5 view

    1、敷地に関する権利の種類及び内容宅建士は、区分所有建物の敷地面積や権利の種類について説明します。建物の敷地をしっかりと確認するとともに、敷地全体に所有権があるかどうかを確認し説明します。借地権部分がある場合などは、地代などの負担が発生することも説明しなければなりません。2...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    6 view

    マンション投資においては、下記事項も自分で調査することが不動産投資成功の決め手です。【4】区分所有建物の場合に加わる(くわわる)説明事項重要事項の説明において、物件が「マンション」等の区分所有建物の場合、「敷地の権利」の種類、「借地権」の場合は地代などを記載して説明しなけれ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    5 view

    ⑴重要事項の説明とは(35条書面)重要事項説明とは、不動産取引において、契約の前に必ず行うよう「宅地建物取引業法」で定められているものです。「宅地建物取引業法」の取り決めでは、「宅地建物取引士」という国家資格を持つ人が、「資格証を提示」しながら重要事項説明書を交付すると共に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    6 view

    ⑴重要事項の説明とは(35条書面)重要事項説明とは、不動産取引において、契約の前に必ず行うよう「宅地建物取引業法」で定められているものです。「宅地建物取引業法」の取り決めでは、「宅地建物取引士」という国家資格を持つ人が、「資格証を提示」しながら重要事項説明書を交付すると共に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    7 view

    【1】物件調査は何を調べる宅地建物取引業法にて、不動産業者(会社・個人事業主)は、売買契約書を結ぶ前に買主に対して「一定の購入物件の情報」を説明することが義務付けられています。これを「重要事項説明」といいます。重要事項説明は、宅地建物取引業法35条に規定されています。要点は...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    27 view

    Ⅲ-【37条書面における「建物状況調査」】基礎、外壁等の現況を売主・買主が相互に確認し、宅建業者はその内容を売主・買主に書面で交付することが必要です。既存住宅の売買契約を締結する際に既存の建物の状況について、売主および買主が双方で確認をして、その内容を宅建業者が売主および買...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    21 view

    Ⅱ-【重要事項説明における「建物状況調査」】重要事項説明とは、売買契約が成立するまでの間に宅建業者が買主に対して重要事項説明書を交付し、契約に関する重要事項を説明することです。その時、重要事項説明の内容を記載し、「交付する書面」は、重要事項説明書といいます。宅建業者は重要事...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    28 view

    Ⅱ-【媒介契約における「建物状況調査」】媒宅建業法において、媒介契約とは、売主または買主が宅建業者に不動産の売買または交換の媒介を依頼する契約のことです。媒介契約締結時には宅建業者が媒介契約書を作成して記名押印し、依頼者に交付しなければならないと定められています。(宅建業法...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    23 view

    「建物状況調査」とは、宅地建物取引業法(以下「宅建業法」といいます。)の一部を改正する法律が2018年4月に施行により、既存住宅の取引において建物状況調査の活用が「建物状況調査」とは既存住宅の基礎、外壁等の部位毎にひび割れ、雨漏り等の劣化事象・不具合事象の有無を目視、計測等...

    • 武井  信雄行政書士 マスク