• 検索結果 :
  • 不動産(新着順)
  • 1〜10件
  • 全517件
    • 相続
    • 不動産
    • ライフプラン

    9 view

    1.配偶者居住権の創設遺言書が無い場合は民法の規定に基づき遺産分割がなされる。そうすると配偶者が自宅を相続した場合、預貯金の相続額が減ってしまい、生活費が不足する恐れが考えられる。そこで、2020年4月以降は所有権と居住権を分けられるようにして、自宅の居住を続けながら預貯金...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • 不動産

    7 view

    【4】分割(共有)(ここは、試験に出ますので注意)実務上、共有に争いが多いのです。共有物においては、争議が生じやすいということで、民法は、原則として各共有者はいつでも自由に共有物の分割を請求できるとしています。そこで、共有者同士で「共有物を分割しない」という特約を結ぶことも...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    4 view

    2.「共有物全体」の使用行為⑴保存行為は、各共有者が単独ですることができます。⑵管理行為は、各共有者の持分価格の過半数の賛成で行います。⑶変更行為は、共有者全員の同意が必要です。⑷費用負担持分に応じて管理費用等を負担する。もし、1年以内にその義務を履行しないときは、他の共有...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    15 view

    【共有】【1】概要共有とは、二人以上の者が同一物の所有権を量的に分有する状態です。数人の者が同一物を共同で所有することをいいます。各人の所有権(持分権)は目的物が同一であるため拘束を受けます。例えば、共有物の所有権者は、共有物につき持分に応じて権利,義務を有します(民法24...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    12 view

    【1】相隣関係とは相隣関係とは、隣りあった土地の間の法律的関係を言います。民法上の法律用語です。自分の土地は自分が自由に用いることがでます。そして、隣の土地には手出しできないのが所有権の原則です。しかしながら、ある土地の使い方が隣の土地に深刻な影響を及ぼす場合、「民法」は、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    15 view

    法律行為の代理⑴代理権❶本人に代わって、代理人が本人のための意思表示である旨を相手方に告げて、法律行為を行うものであり、その効果は常に本人へ帰属することを原則とする。❷代理権には、①「任意代理権」と②「法定代理権」とがある。❸任意代理権は、本人の依頼に基づき代理人となる。例...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    55 view

    委任⑴善管注意義務受任者は委任の本旨に従い、無償でも「善良な管理者の注意」をもって委任事務を処理する義務を負う。報告義務を負う。⑵報酬受任者は、特約がなければ「報酬」を請求できない。報酬は後払いが原則である。受任者が委任の責に帰することのできない事由で、委任が途中で終わった...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    28 view

    【集会の議決権】区分所有法の第39条によれば、管理組合の集会において通常の議案を議決する場合には、「区分所有者の過半数」かつ「議決権の過半数」の賛成で可決することができます。「議決権」とは、原則として「各区分所有者の専有部分の割合」を指している(区分所有法第38条)。ただし...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    73 view

    ➊管理規約に関する区分所有法の規定区分所有法は、マンションの規約について定めており、「建物又はその敷地若しくは附属施設の管理又は使用に関する区分所有者相互間の事項は、この法律に定めるもののほか、「規約」で定めることができる。」と規定しています。❷管理規約の設定、変更及び廃止...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    53 view

    【借家権】の対抗力民法は賃借人が賃借権の登記をすれば第三者に対抗(主張)しうるものとした(民法605条)。この場合賃貸人は賃借人の登記に協力する義務はないと解され、実際に登記される例もあまりありません。借地借家法にては「建物の賃貸借は、その登記がなくても、建物の引渡しがあっ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク