• 検索結果 :
  • 不動産(新着順)
  • 1〜10件
  • 全503件
    • 不動産

    41 view

    ⑵説明事項(供託金)宅地建物取引業者には、営業保証金を供託するか、宅地建物取引業保証協会に加入することが義務づけられています。これは、消費者等が、宅地建物取引業者の責任により取引上の損害を被った場合に、宅地建物取引業者が供託している営業保証金、または宅地建物取引業保証協会が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    30 view

    ◆「営業保証金」を供託している宅建業者にあっては営業保証金を➊供託した供託所及び❷その所在地を、契約が成立するまでの間にその相手方等に対して、説明しなければならない。◆「宅地建物取引業保証協会社員」であればその社員であること、➊当該宅地建物取引業保証協会の名称、❷住所及び➌...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    9 view

    ⑴供託所等に関する説明供託とは、「金銭・有価証券・物品を差し出し、保管してもらうこと」という意味です。供託所とは、預かったお金を保管する所ということになります。不動産業を始めるとき、国土交通大臣もしくは都道府県知事から免許を取得しなければなりませんが、これだけで営業できるわ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続
    • 相続税
    • 不動産

    54 view

    相続の時に揉める理由の一つとして、相続財産のうち、不動産の割合が多いことがあげられます。相続財産に不動産が多いという事は、不動産は分けづらい財産の1つなので、相続人同士で均等に相続財産を分けることが難しくなります。現金・預金でしたら相続人の間で分けることも簡単にできます。例...

    • 竹清嘉晃FP マスク
    現金と不動産の相続評価の違い
    • 不動産

    64 view

    ⑷登記がなくても対抗できる相手(第3者)❶不法占有者等不法行為者(判例)不法占拠者等を保護する必要はないからです。❷詐欺又は強迫により登記の申請を妨げた者(不動産登記法5条1)❸他人のため登記の申請する義務があるもの(不動産登記法5条2)但し、その登記の原因が自己の登記原因...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    75 view

    2,借地期間借地借家法では、最初の借地契約の期間は30年以上と定められています。最初の借地契約を結ぶときには30年よりも短い期間に設定することはできませんが、逆に40年、50年と長い期間に設定することは可能です。◆最初の契約で地主と借地権者との間で20年の契約という約束を交...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    75 view

    【土地賃貸借契約の中途解約】土地賃貸借契約の中途解約は、期間の途中において、無条件で契約を解除するというのはできません。しかし、解約申入条項において途中で解約できる旨が記載されている場合は可能です。ただし、借地借家法において賃借人からの解約申入条項は、保護ルールに反するとさ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    46 view

    【借地借家法適用外の場合、適用される法律】借地借家法の「建物所有目的」ではない場合は、適用外となります。その場合は、民法上の期間の上限が適用されることになります。〖1〗土地賃貸借の契約期間民法上においては、賃貸借契約の期間の上限は20年とされています1、民法第604条(賃貸...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    37 view

    【建物がその主たる目的でない場合は、借地法の適用がない】建物がその主たる目的でなく、従たる目的とみなされた時は、借地法の適用はできません。最高裁の判例を見ると、認められなかったものとして以下の敷地に付随している建物になります。①ゴルフ練習場➁バッティング練習場③自動車展示場...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    63 view

    【借地借家法の適用範囲】借地借家法とは、「借地権」と「借家権」の権利を定めている法律です。土地や建物を賃貸借する際に適用されます。家を借りている人や、土地を借りている人は、一般的に地主、家主に比べるとどうしても弱い立場となってしまいます。そのため、その借主に権利を保護の目的...

    • 武井  信雄行政書士 マスク