〖【不動産鑑定評価基準】出題傾向と対策〗

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

215 PV

2018年07月01日 コラム番号:1,956

〖【不動産鑑定評価基準】出題傾向と対策〗

〖【不動産鑑定評価基準】出題傾向と対策〗
①毎年、地価公示法または不動産鑑定評価基準のどちらか1問が出題されます。

➁地価公示法が出題されたらすごく簡単なので確実に1点確保してください。

③不動産鑑定評価基準は基本用語に注目してください(原価法・取引比較法・収益還元法等々)。

④不動産鑑定評価基準も過去問を繰り返し熟読することで得点できます。

⑤問題文が長いのが特徴です。基本知識を確保して、応用問題に対応していってください。

⑥理解することと、過去問を繰り返し読んで出題傾向を把握してください。

⑦地価公示法:適正な地価を構成して経済の安定を図ることを目的とする法律です。

⑧不動産鑑定評価基準:不動産鑑定評価を行うときの評価の基準を決めるものであります。

比較的に理解しやすく、暗記も案外楽です。




コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論