免許の有効期間・更新NEW

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

12 PV

2018年11月09日 コラム番号:2,173

免許の有効期間・更新
「宅地建物取引業」の免許の有効期間は5年です。

1、宅建試験に合格した者が行う「取引士登録」の効力は、登録の消除がされない限り「一生有効」であります。

2、5年の有効期間の満了後引き続き宅地建物取引業を営もうとする者は、免許の更新を受けなければならない。
いわゆる、「免許の更新」です。ここは本試験でよく問われるポイントです。免許更新の申請は、免許有効期間満了の90日前から30日前までに行います。
この90日前から30日前という数字は必ず覚えておいてください。


3、免許の更新の申請があつた場合において、有効期間の満了の日までにその申請について処分がなされないときは、従前の免許は、同項の有効期間の満了後もその処分がなされるまでの間は、なお効力を有します。


4、有効期間満了後に更新が認められた場合でも、免許の更新がなされたときは、その免許の有効期間は、従前の免許の有効期間の満了の日の翌日から起算するものとする。

つまり、
新しい免許の有効期間は、従前の免許の有効期間満了日の翌日から5年となります。更新が認められた日から5年ではありません。

5、国土交通大臣の免許を受けようとする者は、登録免許税法 (昭和42年法律第35号)の定めるところにより登録免許税を、
国土交通大臣の免許の更新を受けようとする者は、政令の定めるところにより手数料を、それぞれ納めなければならない。

コラム執筆者