【4】分割(共有)NEW

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

5 PV

2019年09月11日 コラム番号:2,499

【4】分割(共有)
(ここは、試験に出ますので注意)

実務上、共有に争いが多いのです。
共有物においては、争議が生じやすいということで、
民法は、原則として各共有者はいつでも自由に
共有物の分割を請求できるとしています。

そこで、共有者同士で「共有物を分割しない」という特約を結ぶことも許されます。

これを「共有物不分割特約」といいます。


☆【分割および共有物不分割特約】のポイントは、

⑴分割について共有者間の協議がまとまらない場合、裁判所に分割を請求する
 ことができます。

⑵共有物につき権利(地上権、賃借権、抵当権等)を有する者は、自己の費用で分割協議に参加することができます。

⑶共有物不分割特約の期間は、5年を超えることはできません。

⑷共有物不分割特約は更新することができるが、その期間は更新のときより5年を超えることはできません

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論