1、<事務所>

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

119 PV

2019年12月10日 コラム番号:2,596

1、<事務所>
 開業準備手続の最初に要求されるのが、「事務所」です。
事務所を置かなければ手続に入れないのです。

 但し、手続を取れば開業できるとは限りません。
◆免許基準というものがあり、たとえば「破産手続開始決定を受けて、復権しない者」には、資格はありません。

 事務所には、本店・支店・その他(営業所)があります。
なお、本店で宅建業を営んでいない場合でも、支店で宅建業を営むことになった場合には、本店も事務所として扱われます。

 ◆事務所には5点セットが必要です。
①標識(免許証とは別もの)、

②報酬額の掲示、

③帳簿、

④従業者名簿、

⑤成年者である専任の取引士 が必要です。

*帳簿の保存期間は「閉鎖後5年」、名簿の保存期間は「最終の記載をした日から10年間」です。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論