• 検索結果 :
  • 不動産(新着順)
  • 21〜30件
  • 全527件
    • 不動産

    115 view

    【借家権】の対抗力民法は賃借人が賃借権の登記をすれば第三者に対抗(主張)しうるものとした(民法605条)。この場合賃貸人は賃借人の登記に協力する義務はないと解され、実際に登記される例もあまりありません。借地借家法にては「建物の賃貸借は、その登記がなくても、建物の引渡しがあっ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    81 view

    【不法占拠者】「第百七十七条不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない」と規定されています。しかしながら、判例により、不法占拠者は民法177上...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    104 view

    【抵当権者・抵当権設定者】債権者が債権を保全する目的のために、「抵当権設定契約」に基づき、債務者の所有する財産に対して抵当権を設定したときに、債務者のことを抵当権設定者という。この場合の債権者は抵当権者という。債務者自身の財産に対して抵当権を設定するのが一般的であるが、第三...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    66 view

    【一括競売】更地(建物が建っていない土地)があり、この更地に抵当権が設定され、その後、この更地(抵当権が設定土地)に建物が築造される場合があります。この場合、抵当権を設定した土地だけでなく、抵当権が設定されていない建物も一緒に競売にかけることを一括競売といいます。すなわち、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    99 view

    【物上代位性】物上代位性とは、担保物権(抵当権など)の目的物が売却、賃貸、滅失、破損によって、その物の所有者が金銭その他の物を受ける請求権を取得した場合、その担保物権がこの請求権の上に効力を及ぼすことです。つまり、目的物が売却、賃貸、滅失などによって、「代金」「賃料」「保険...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    186 view

    ⑵説明事項(供託金)宅地建物取引業者には、営業保証金を供託するか、宅地建物取引業保証協会に加入することが義務づけられています。これは、消費者等が、宅地建物取引業者の責任により取引上の損害を被った場合に、宅地建物取引業者が供託している営業保証金、または宅地建物取引業保証協会が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    141 view

    ◆「営業保証金」を供託している宅建業者にあっては営業保証金を➊供託した供託所及び❷その所在地を、契約が成立するまでの間にその相手方等に対して、説明しなければならない。◆「宅地建物取引業保証協会社員」であればその社員であること、➊当該宅地建物取引業保証協会の名称、❷住所及び➌...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    100 view

    ⑴供託所等に関する説明供託とは、「金銭・有価証券・物品を差し出し、保管してもらうこと」という意味です。供託所とは、預かったお金を保管する所ということになります。不動産業を始めるとき、国土交通大臣もしくは都道府県知事から免許を取得しなければなりませんが、これだけで営業できるわ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    175 view

    ⑷登記がなくても対抗できる相手(第3者)❶不法占有者等不法行為者(判例)不法占拠者等を保護する必要はないからです。❷詐欺又は強迫により登記の申請を妨げた者(不動産登記法5条1)❸他人のため登記の申請する義務があるもの(不動産登記法5条2)但し、その登記の原因が自己の登記原因...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    171 view

    2,借地期間借地借家法では、最初の借地契約の期間は30年以上と定められています。最初の借地契約を結ぶときには30年よりも短い期間に設定することはできませんが、逆に40年、50年と長い期間に設定することは可能です。◆最初の契約で地主と借地権者との間で20年の契約という約束を交...

    • 武井  信雄行政書士 マスク