• 検索結果 :
  • 土地活用(新着順)
  • 1〜10件
  • 全81件
    • 土地活用

    20 view

    申込申込みとは、特定の内容を有する契約を成立させることを意図してなされる一方的かつ確定的な「意思表示」である。契約の申込みは自由に撤回できません。これを申込みの拘束力といいます。➀承諾期間を定めた申込みは「その期間中」撤回ができません(521条1項)。➁承諾の期間を定めない...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    40 view

    自然水流の妨害禁止・人工的原因で流れてくる水➊自然水流⑴土地の所有者は、隣の土地から自然に水が流れてくることを妨げることはできません(法第214条)。⑵水の流れが何らかの事情により低地においてふさがれてしまったときは、高地の所有者は自分の費用で、それを通すために必要な工事を...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    24 view

    建物の窓、縁側と境界線境界線から1m未満のところに、他人の宅地を眺めることができる窓や縁側を作ろうとする者は、目隠しをつけなければなりません(法第235条第1項)。この規定の距離は、窓または縁側の最も隣地に近い点から直角に測って境界線に達するまでを計算します(法第235条第...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    17 view

    竹木切除権⑴木の枝の越境隣の土地の「竹木の枝」が、境界線を超えて出ているときは、竹木の所有者に境界線を超える部分を切り取るよう請求することができます(法第233条第1項)。木の枝が越境してきて日常生活に支障があるような場合に、切り取らせるよう求めることができますが、竹木の「...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    37 view

    囲障設置権囲障設置権とは垣根や塀などの囲いの設置のことです。所有者が異なる2棟の建物があって、その間に空地があるときは、それぞれの所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲いを設けることができます(法第225条第1項)。但し、お互いの間の協議が成り立たないときは、高さ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    50 view

    境界標設置権境界は、連続している土地を区分するもので、図面上はもとより、現地でも明らかにする必要があります。現地では、境界を示す目印を設けてあるのが通常であり、境界標とも呼ばれています。境界標は、双方の土地の範囲を明確にするためのものであり、簡単に移動できないものが望ましく...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    16 view

    【隣地使用権】隣地使用権とは、民法で定められている権利で、土地所有者は土地の境界またはその近くで、障壁・建物を築造・修繕するために必要な範囲内で、隣地を使用することができる権利です。これを「隣地使用権」または「隣地立入権」といいいます。【民法第209条】土地の所有者は、境界...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    81 view

    【3】境界線密着建築の禁止境界線付近で建物を設ける場合のルール。民法の相隣関係として規定されています。定められている制限は、⑴建物は、境界線から50cm以上の距離を保って築造しなければならないこと但し、防火地域・準防火地域内で、外壁を耐火構造にしたときには、隣地境界線に接し...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    22 view

    ⑶通行権の権利と償金➊袋地所有者の取得する囲繞地通行権の内容は、袋地所有者の通行にとって必要であり、かつ、囲繞地所有者にとって最も損害の少ない範囲に限定されます。❷袋地所有者の通行によって囲繞地所有者に損害が生じる場合には、袋地所有者は、囲繞地所有者に対し一定の償金を支払う...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    21 view

    ⑵囲繞地通行権民法211条1項においては、他の土地に囲まれて公道に通じない土地(袋地)の所有者に、その土地を囲んでいる他の土地(囲繞地)を通行する囲繞地通行権を認めています。これは、様々な立地状況の土地が存在することを踏まえ、隣接する相互の土地の利用関係を調整するため、囲繞...

    • 武井  信雄行政書士 マスク