• 検索結果 :
  • 土地活用(新着順)
  • 1〜10件
  • 全49件
    • 土地活用

    41 view

    Ⅱ-登記記録の編成⑴登記記録登記記録には、土地の登記記録と建物の登記記録があります。いずれも、➊「表題部」❷「権利部」があります。❷「権利部」は、➀「甲区」と➁「乙区」に分けられrています。⑵「表題部」表題部には、その「不動産の物理的な現況」が記載されています。この表題部に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    21 view

    Ⅰ-登記記録⑴登記簿には➊表題部と❷権利部があります。➊表題部は、「表示に関する登記」が記録されます。❷権利部は、「権利に関する登記」が記録されます。⑵登記事項証明書登記事項証明書とは、登記記録に記録されている事項を証明した書面であります。請求に係る不動産の管轄登記所以外の...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    55 view

    (2)不動産登記簿不動産登記法は、不動産の物理的現況、つまり、「所在・面積等々」、また、不動産の権利関係、つまり、「所有者、抵当権・担保権の有無など」を公示し、円滑に不動産取引ができるように規定を設けたものである。すなわち、登記は、登記官が登記記録を登記簿に記録することであ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    17 view

    不動産登記法(1)概要(不動産登記制度の目的)不動産の所有権取得等は、登記をしなければ第三者に対抗することができません。先に不動産を買っても登記をしなければ、後から買って先に登記をした者がその不動産所有権を取得します。不動産の取得以外にも、抵当権や地上権、地役権等を移転・設...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    26 view

    ⑴住宅瑕疵担保履行法とは、「新築住宅の購入者」を保護するため、「建設業者」及び、「宅建業者」などの住宅事業者に対して、瑕疵担保責任を確実に履行できるよう「資力確保措置」を義務付けることなどを定めた法律です。➊事業者の瑕疵担保責任新築住宅を供給する事業者は、住宅のなかでも特に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    36 view

    ➌【段丘】段丘とは、海岸または湖岸に沿って平坦地と急崖が階段状に配列している地形で、地表面は比較的平坦です。よく締まった砂礫・硬粘土からなり地盤は安定している。地下水位は比較的深い地盤で一般的に、水はけもよく、地盤が安定しているので、洪水や地震にも強く、宅地として適しています。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    32 view

    ❷【台地】台地とは、盆地や平野で、周囲より一段と高い地形をいいます。地表面は平担で、よく締まった砂塵、硬粘土からなり、地下水位も深い地盤です。一般的に、水はけがよく、地盤にも地耐力があるので、洪水や地震に対する安全性も比較的高く、宅地に適している土地と考えられ、宅地や農地に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    33 view

    ➊【丘陵地】丘陵地とは、比較的低くゆるやかな起伏の山が続く地形です。丘陵地は地下水位が浅く、砂質土で形成された地盤は、地盤による液状化の可能性が高いです。なお、丘陵地内の小さな谷間は、一般的に地盤が軟弱であることが多く、このような土地を埋土して造成された土地は、地盤沈下や排...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    34 view

    ⅱ土地の特徴㈠山地国土を山地と平地に大別すると、山地の占める比率は国土面積の75%です。山地とは、傾斜が急で、表土の下に岩盤またはその風化土が現れる地盤をいいます。さらに山地の88%(国土全体の66%)が森林です。傾斜が緩やかで地層が安定している場所は、宅地に適しています。...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    142 view

    2、宅地宅地とは、一般的には建物の敷地に供せられる土地を指す。宅地建物取引業法における「宅地」の定義は、次のいずれかに該当するものである。➊現に建物の敷地に供せられている土地❷建物を建てる目的で取引する土地(現況や登記簿上の地目は問わない)➌用途地域内の土地(現に公園、広場...

    • 武井  信雄行政書士 マスク