• 検索結果 :
  • 土地活用(新着順)
  • 1〜10件
  • 全40件
    • 土地活用

    89 view

    2、宅地宅地とは、一般的には建物の敷地に供せられる土地を指す。宅地建物取引業法における「宅地」の定義は、次のいずれかに該当するものである。➊現に建物の敷地に供せられている土地❷建物を建てる目的で取引する土地(現況や登記簿上の地目は問わない)➌用途地域内の土地(現に公園、広場...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    213 view

    【守秘義務】宅建業者は、「秘密を守る義務」があり、正当な理由がある場合でなければ、業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはなりません。宅建業を営まなくなった後であっても同様です(宅建業法45条)。但し「正当な理由」があれば、秘密を漏らすことは、認められます。...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    223 view

    <地域の特性>【住居地域】第1種低層住居専用地域低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域第2種低層住居専用地域主として低層住宅に係る住居の環境を保護するため定める地域第1種中高層住居専用地域中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域第2種中高層住...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    <地域の特性>
    • 土地活用

    213 view

    ***◆干拓地・埋立地①干拓地は、宅地に不適当であります。②埋立地は、干拓地よりも安全だが高潮や津波の常襲地帯では、宅地に不適当であります。なを、登記所に備え付けの公図には、等高線が記入されてなく土地の高低を判断できない。(引っ掛け問題に注意)*地図上で等高線が密な所は、そ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    ***◆干拓地・埋立地
    • 土地活用

    354 view

    ☆後背低地後背低地とは,自然堤防や洪積台地などの間にあって,細粒土の堆積物からなる軟弱地盤で周囲よりも低平な土地のことをいいます。(注:宅建・試験によく出題されます。)河川の氾濫(はんらん)が繰り返されると,河床には土砂が堆積して河床が周辺よりも高くなり,河川の両側には粗い...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    ☆後背低地
    • 土地活用

    247 view

    ***◆低地低地(ていち)は、主に周囲と比べて低い土地、海抜の低い土地のことである。単に低い土地のことも表す。①低地は、一般に洪水や地震に弱く、防災上の見地から宅地に不適当である。*なを、扇状地、自然堤防、砂丘、砂洲、昔の天井川で現在は廃川→宅地として利用可能であり、宅地に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    ***◆低地 
    • 土地活用

    203 view

    ***◆丘陵地・台地①丘陵地・台地は、一般に水はけが良く地耐力もあり、洪水や地震に対する安全性が比較的に高いので、宅地に適している。②丘陵地・台地は、縁辺部ほど傾斜が急になり豪雨等により崩壊被害を受けることが多いので、宅地に不適当である。③丘陵地・台地内の小さな谷間は、軟弱...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    ***◆丘陵地・台地
    • 土地活用

    258 view

    わが国は、その位置、地形、地質、気象などの自然的条件から、地震、火山噴火、台風、豪雨、豪雪等による災害が発生しやすい国土である。我が国の、山地・丘陵地・台地・低地の特性および宅地の適正については次の通りである。***◆山地山地とは、山が集まり連なり、大きな起伏をなしている地...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    ***◆山地
    • 土地活用

    256 view

    (3)水害に弱く宅地に適していない土地。1)周辺より低い所①旧河道,②谷の出口付近,③自然堤防の背後に広がる低地,④土石流の堆積した所,⑤干拓地,⑥埋立地,⑦台地や丘陵地内の谷間(谷底平野)などです。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    (3) 水害に弱く宅地に適していない土地。
    • 土地活用

    190 view

    <1>水害に強い所(1)水害に強い所は宅地に適しています。水害に弱い所は宅地に適していません。当然ながら、試験対応の発想として重要な基礎知識であります。(2)水害に強く宅地に適している土地①周辺より高い所台地,丘陵地,天井川で今は廃川になっている所,自然堤防,段丘などです。...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    <1> 水害に強い所