収益還元法

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

39 PV

2019年08月03日 コラム番号:2,452

収益還元法
対象不動産が将来生み出す、期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格(収益価格)を求める手法と定義されている。

賃貸用不動産または賃貸以外の事業用不動産の価格を求める際に特に有効となります。
(自用の住宅地でも賃貸を想定することにより適用される)


【収益還元法の計算式】
収益還元法で収益価格を求める方法は

⑴直接還元法

⑵DCF法
の2つがあります。

◇証券化対象不動産については、DCF法が適用されます。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論