⑶通行権の権利と償金NEW

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

6 PV

2019年09月10日 コラム番号:2,497

⑶通行権の権利と償金
➊袋地所有者の取得する囲繞地通行権の内容は、袋地所有者の通行にとって必要であり、かつ、囲繞地所有者にとって最も損害の少ない範囲に限定されます。

❷袋地所有者の通行によって囲繞地所有者に損害が生じる場合には、袋地所有者は、囲繞地所有者に対し一定の償金を支払う必要があります(民法212条)。

➌但し、袋地が、囲繞地である隣地の分割の結果生じた場合には、償金の支払が不要です(民法213条)。

トラブルとならないためには、売買契約締結前に、隣地所有者との間で、通行の可否、通路の幅、通行方法等の具体的内容を確認しておくことが大切です。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論