隣地の竹木切除権

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

44 PV

2019年09月12日 コラム番号:2,504

竹木切除権
⑴木の枝の越境
隣の土地の「竹木の枝」が、境界線を超えて出ているときは、竹木の所有者に境界線を超える部分を切り取るよう請求することができます(法第233条第1項)。

木の枝が越境してきて日常生活に支障があるような場合に、切り取らせるよう求めることができますが、竹木の「所有者の承諾無し」では切り取ることはできません。



⑵木の根の越境
隣の土地の「竹木の根」が、境界線を超えて出ているときは、その根を切り取ることができます(法第233条第2項)。

しかしながら、木の根を切り取ってしまうことは、木に悪影響を及ぼす恐れがありますので、竹木の所有者に、移植を検討させることなどの調整も必要あります。


コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論