建物の窓、縁側と境界線

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

48 PV

2019年09月12日 コラム番号:2,505

建物の窓、縁側と境界線
境界線から1m未満のところに、他人の宅地を眺めることができる窓や縁側を作ろうとする者は、目隠しをつけなければなりません(法第235条第1項)。

この規定の距離は、窓または縁側の最も隣地に近い点から直角に測って境界線に達するまでを計算します(法第235条第2項)。

*前の規定と異なった慣習があるときは、その慣習に従います。(民法第236条)


コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論