• 検索結果 :
  • ビジネス(新着順)
  • 1〜10件
  • 全899件
    • ビジネス

    15 view

    【4】法定代理人の権限法定代理人の権限は、次の4つが有ります。➊代理権:未成年を代理して法律行為を行うこと。❷同意権:未成年が法律行為を行うことに対して同意を与えることができる。➌取消権:未成年が法定代理人の同意を得ないで行った法律行為を取消すことができる。❹追認権;未成年...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    11 view

    【3】未成年者が単独で有効にできる場合☆未成年者にも単独で認められる行為が4つ存在します。1.単に権利を得るだけか、義務を免れる行為(5条1項)例えば、負担のない贈与を受けたり、債務の免除を受ける等、本人に不利益にならない行為です。なお、貸金債権の弁済を受ける行為は、「元本...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    33 view

    〖未成年者〗権利能力が認められるためには、意思能力のほかに、「行為能力」が必要となります。法律行為を単独で有効にすることができるための地位、資格です。これは、未成年者には制限があります。【1】未成年者の定義未成年者とは「20歳に達しない者」です。(4条)しかし、未成年者でも...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    8 view

    (3)取消事由の制限行政事件訴訟法においては、次の2つに対して、取消事由の制限を設けている。➀〖自己の法律上の利益に関係のない違法事由〗取消訴訟においては、自己の法律上の利益に関係のない違法を理由として取消しを求めることができない。➁〖原処分主義〗「処分の取消しの訴え」とそ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    12 view

    取消訴訟の審理対象(1)取消訴訟の訴訟物訴訟物とは、訴訟における審判の対象となる事項です。訴訟の目的または客体ともいます。取消訴訟の訴訟物とは、当該処分等の違法性一般をいいます。個々の違法事由でないとされています。(2)違法判断の基準時取消訴訟は、処分の適法性を事後的に審査...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    5 view

    【1】取消訴訟審理手続の流れ(要件審理)➀取消訴訟が提起されると裁判所は訴えが訴訟要件を満たしているかを審理します。これを、「要件審理」といいます。➁要件が具備されて初めて本案審理に進みます。③但し、要件を欠く場合、補正が命じられます。④補正ができない場合、原告が補正をしな...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    24 view

    形式的当事者訴訟と教示行政庁は、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの(形式的当事者訴訟)を提起することができる処分又は裁決をする場合には、当該処分又は裁決の相手方に対し、次に掲げる事項を書...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    19 view

    【裁決主義と教示】行政庁は、法律に処分についての審査請求に対する裁決に対してのみ取消訴訟を提起することができる旨の定めがある場合(裁決主義)において、当該処分をするときは、当該処分の相手方に対し、法律にその定めがある旨を書面で教示しなければならない。ただし、当該処分を口頭で...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    48 view

    【1】取消訴訟と教示行政庁は、取消訴訟を提起することができる処分又は裁決をする場合には、当該処分又は裁決の相手方に対し、次に掲げる事項を書面で教示しなければならない。➊当該処分又は裁決に係る取消訴訟の被告とすべき者❷当該処分又は裁決に係る取消訴訟の出訴期間➌法律に当該処分に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    23 view

    【2】執行停止の要件裁判所は、重大な損害を生ずるか否かの判断をするに当たり➊損害の回復の困難の程度を考慮し、❷損害の性質・程度➌「処分の内容性質」を勘案することが必要です。具体的には①処分の取消しの訴えの提起(係属していること)②「原告」「利害関係のある第三者」からの「申立...

    • 武井  信雄行政書士 マスク