• 検索結果 :
  • ビジネス(新着順)
  • 1〜10件
  • 全957件
    • ビジネス

    12 view

    ⑴裁判管轄とは、日本においては、数多くの裁判所がありますが、民事訴訟を提起する場合に、どの裁判所が事件を担当するかという事件の分担のことを、“管轄”といいます。そして、裁判管轄とは、国家の裁判権の存在を前提として、その裁判権の裁判所間における分担に関する管轄をいいます。管轄...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    36 view

    ⑵行政手続法の内容行政手続法は、行政が一定の活動をするに当たって守るべき共通のルールを定めることにより、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に資することを目的とした法律です。具体的には、(1)申請に対する処分営業の許可などの申請に対して許可す...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    30 view

    ⑴行政手続法の意義行政手続法の目的は、行政手続法1条で「この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。」と定...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    47 view

    【行政不服審査法の目的】行政不服審査法の目的は2つあります。➊「簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済」❷「行政の適正な運営の確保」です。具体的には➊「簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済」裁判のように手間、時間、費用をかけない「簡易迅速な手続」で「国民の権利利益を救...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    61 view

    【行政訴訟・行政不服審査】行政庁の行為に不満があり、取消しを求め、国民の権利利益の救済を求める方法は2つあります。➊行政庁に申立てを行う場合❷裁判所に訴える場合の2つです。行政庁に申立てをすることを「行政不服申立て」といいます。裁判所に訴えることを「行政事件訴訟」といいます...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    169 view

    【特定行政書士制度】特定行政書士制度とは2015年12月から、特定行政書士制度が始まりました。これまで、「行政書士」は依頼者に代理して公官庁等に提出する書類の作成を行うことも、代理申請することもできましたが、不許可になったときなどは依頼者に代わって不服申立をすることは、でき...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    62 view

    【1】民事訴訟とは民事訴訟とは、国民どうしの紛争が起こった場合に国が法的手続で、国民を保護する制度です。私人間の生活関係上の紛争について法律的に解決するための手続をいます。民事訴訟は「判決手続」と「民事執行」に分けられます。民事訴訟には通常の①民事訴訟と②人事訴訟があります...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    87 view

    ❷市町村市町村とは、一定の区域をその存立の基礎とし、区域内の住民を構成員として、一定の自治権をもつ基礎的な地方公共団体です。都道府県と合わせて普通地方公共団体と呼ばれる。「地方自治法」に基づく国と同型の権力・統治団体で,自治的な立法・行政・財政の各権限を持っています。ⅰ議決...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    43 view

    ➊都道府県1、都道府県は、1都1道2府43県がある。(東京都・大阪府・京都府・北海道等々)2、都道府県は、市町村を包括する広域の地方公共団体。ⅰ議決機関として議会、ⅱ執行機関として知事、ⅲ補助機関として副知事・職員などを置き、ⅳ教育委員会・選挙管理委員会・監査委員などの委員...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    67 view

    [1]地方公共団体の種類[1]地方公共団体の種類地方公共団体には、1,普通地方公共団体と2,特別地方公共団体の2種類があります。1,普通地方公共団体普通地方公共団体とは、一定の地域とそこに住む住民とを基礎とし,その地域に関連ある公共的役務を実施する目的をもって設置されている...

    • 武井  信雄行政書士 マスク