• 検索結果 :
  • ビジネス(新着順)
  • 1〜10件
  • 全1033件
    • ビジネス

    2 view

    ⒈裁判員の選任手続【次の順番・手順によって、裁判員は選ばれます】Ⅰ-裁判員候補者名簿を作ります前年の秋ころ裁判員候補者名簿を作ります。「地方裁判所」ごとに,管内の市町村の選挙管理委員会がくじで選んで作成した名簿に基づき,翌年の裁判員候補者名簿を作成します(裁判員候補者名簿に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    ⑶仲裁紛争中の当事者または当事国の合意に基づいて、第三者の判断によって紛争を解決することです。仲裁は、当事者が紛争についての判断を、中立的第三者である仲裁人の判断に委ね、それに従うことを予め合意することを前提として行なわれる紛争解決制度です。「仲裁合意」を経ずに紛争の解決を...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    ⑷裁判外紛争処理(ADR)裁判外紛争処理(ADR)とは、「訴訟手続によらない紛争解決方法」を広く指すもの。紛争解決の手続きとしては、「当事者間による交渉」と、「裁判所による法律に基づいた裁断」との中間に位置する法律的な紛争は、最終的には裁判で決着をつけるというのが司法制度の...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    民事訴訟と比較した場合のADR(裁判外紛争処理)の長所としては、〖長所〗➊利用者にとっては費用が少なくすむ、❷非公開のためプライバシーや社内技術などが外部に漏れるリスクを回避することができ➌、訴訟と比べて時間がかからない、➍手続きが裁判の様に難しくない、❺当事者の都合に合わ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    調停調停とは、第三者の仲介によって当事者が互いに譲歩し合い、合意に基づいて紛争を解決すること。一般には,第三者が紛争当事者を仲介し譲歩させて和解や示談によって紛争の解決を図ることをいいます。「調停」は、国家が制度として行うものをさします。➊民事紛争について通常裁判所で行われ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    和解和解とは、民事上の争いごとについて、双方の紛争当事者が互いに譲歩しあって争いごとをやめることに合意することをいいます。当事者の契約による裁判外の和解と、確定判決と同一の効力をもつ裁判所により行われる裁判上の和解があります。民法の規定には,和解は当事者双方が互いに譲歩し合...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    6 view

    ⑴成分法(制定法)成分法とは、文書の形で、一定の手続と形式によって内容が制定された法です。慣習法などの不文法の対立概念です。制定法ともいいます。成分法は、近代法治国家の原則的な法形式であります。しかし、明確性という長所を有する反面、弾力性に欠けることがあります。日本では、ほ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    5 view

    法源法源とは、裁判官が裁判を行う際の拠るべき基準となるものです。裁判官の準拠を義務づけるものを「制度上の法源」といいます。例えば、制定法,慣習法などです。裁判官が事実上従っているものを「事実上の法源」といいます。例えば判例,学説,条理などです。そのほかに,「法の妥当性の根拠...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    54 view

    民事訴訟法は,私人間の紛争を解決するための法規であるという点で民法,商法などと同じく「民事法」に属し,一方,国家機関たる裁判所が国民に対して裁判権を行使する場合の手続を定めるものであるから公法に属するとされている。つまり、民事訴訟は、「私人と私人」の間に「権利・義務」をめぐ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    17 view

    ⑶法の役割法の主な役割は、1、紛争解決の指針となる2、国民に予見可能性を与えること、つまり、危険な事態や被害が発生する可能性があることを事前に認識できること、そして、その生活の安全を守ることです。

    • 武井  信雄行政書士 マスク