• 検索結果 :
  • ビジネス(新着順)
  • 1〜10件
  • 全947件
    • ビジネス

    21 view

    〖住民自治〗とは、地方政治はその地方に住む住民の意思に基づいて行われなければいけないという考え方で、民主主義的な原則です。具体的例として①地方公共団体の長や議員の直接選挙、➁直接請求権、③住民投票の実施、などがあります。〖団体自治〗とは、地方政治は国から独立した地方公共団体...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    27 view

    この92条文に基づいて地方自治の目的として、地方自治法第一条において、『この法律は地方自治の本旨に基いて、➊地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、❷併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    19 view

    地方自治制度の意義日本国憲法において、『地方公共団体の組織および運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいてこれを定める』(第92条)と規定している。憲法の「地方自治の本旨」は、「住民自治」と「団体自治」の二つの要素である。「住民自治」は、地方自治が住民の意思に基づいて行わ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    37 view

    ☆時効の中断事由のポイント1.請求(裁判上の訴えの提起、裁判外の催告)☆裁判における債権の給付を求める訴え、支払命令、和解のための呼び出し、破産手続参加などです。☆催告とは、債権者に催告するとともに、6ヶ月以内に裁判上の請求等をすることによって、催告のときにさかのぼって時効...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    8 view

    [3]時効の中断事由時効が完成すると、元の権利者は、最初からその権利がなかったことになります。そこで、時効の成立に必要な期間の進行を中断させ、それまでの期間の経過をゼロにすることを「時効の中断」といいます。➊「時効の中断」とは、一定期間継続していた状態を「最初の状態に戻す」...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    37 view

    [2]時効の援用の効果➊時効による効果は、時効の援用によって発生します。❷この時効の効果は、起算日にさかのぼります。時効の完成した時からではありません。➌「取得時効」の場合「取得時効」の場合は、その物は最初から時効取得者の物となります。これを。「原始取得」といいます。たとえ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    8 view

    [1]時効の援用時効の要件を満たしたとしても、「時効によって利益を受ける旨」の意思表示をしければなりません。「時効によって利益を受ける旨」の意思表示を、「援用」といいます。そして、1、援用がなければ、裁判所は「援用」に基づいて裁判をすることができません。2、この援用ができる...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    8 view

    消滅時効の場合、時効の要件を満たしても、「借金を支払う」という意思があれば、法は、それを妨げる理由はありません。このようなことを、「時効の利益の放棄」といいます。〖時効の利益の放棄〗1、時効の利益の放棄ができる場合*時効の利益の放棄ができる場合は、「時効の完成後」です。*時...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    5 view

    ❷一定期間権利行使を行わない(=消滅時効の期間)この期間については、「どのような債権なのか」によって異なります。➀通常債権の消滅時効の期間は10年➁債権以外の財産権(地上権、永小作権、地役権、抵当権)の消滅時効の期間は20年③短期消滅時効(10年未満)・・・・請負代金3年間...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    4 view

    [1]消滅時効の成立するための要件消滅時効の成立するための要件は、次の2つです。➊権利行使ができるにもかかわらず、❷一定期間権利行使を行わないことです。そして、➊権利行使ができるときとは、起算日よって違います。㈠確定期限付債権㈡不確定期限付債権㈢期限の定めのない債権にとって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク