❹商慣習・商慣習法、

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

760 PV

2017年10月06日 コラム番号:1,513

❹商慣習・商慣習法、

❹商慣習・商慣習法、
商慣習とは、商取引の過程において形成された慣習のことで、そのうち慣習法として発展したものを特に商慣習法とも言う。

商慣習法とは商事(企業関係)に関する慣習法であって,商法の重要な法源をなすものである。 
商法は沿革的には,企業関係の需要に応じて断片的な商慣習法として発達してきたものである

現在の日本では商法1条及び法の適用に関する通則法3条によって、
商事については商法を優先として商法を破る商慣習法は存在し得ないとし、
商法に該当するものが無ければ商慣習法に基づき、
それでも明らかで無い事例については民法を適用することとなっている。


❹商慣習・商慣習法、 イメージ1

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論