行政事件訴訟法<2>裁決・決定

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

115 PV

2018年01月08日 コラム番号:1,667

<2>裁決・決定

<2>裁決・決定
行政事件訴訟法では、不服申立てに対する裁決・決定も取消訴訟の対象としています。

憲法76条1項・2項により
1項:すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。
2項:特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を行うことができない。
と規定されている。

よって、一度は行政機関が結論を出しているとはいえ、行政機関だけでは最終的な裁判が出来ません。
ですから、最終的な判断となり得る不服申立ての裁決・決定は裁判所の権利・使命となるのです。

コラム執筆者