*【理解力を高める方法】

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

128 PV

2018年04月16日 コラム番号:1,838

*【理解力を高める方法】

*【理解力を高める方法】

物事を理解するには、やはり、「経験と知識」が必要になってきます。
理解するということは、自分の経験と知識を照らし合わせながら、意味を考えることです。
納得のいったところで記憶につなげようとすることなのです。

理解力を高める方法ですが、実は特別な方法などなく裏付けされたもの、つまり「経験と知識」が重要になってきます。その知識と経験をどのように、数多く積んでいくかで変わっていきます。これは「国語力」でと思います。

そして、一度で理解しようと思わないことです。
学校や講座の授業中や、友達との会話、読書、TVやニュース、インターネットにおいても理解できない表現や用語は必ず一つ二つでてくるものなのです。

そのような時その理解できないことに関して捉われることなく相手の話の全体像を掴むことを優先していくのが賢明な策であります。
特に、民法等々日常あまり経験のない項目であると小さな疑問点にとらわれるものなのです。
そして、このようなことになると内容の本質を見失いかねません。
小さなことは、後で調べるなどの補足にとどめ、全体像を掴み、理解するようにしていくことが資格試験の勉強を進めていくのには必要です。

「小さなことは、後で調べるなどの補足にとどめる」と意識して日々実践していくことは、なかなか難しいのですが、常に、全体像を掴むことの癖がついていくことにより、自ずと理解力は向上してきます。
是非この方法を意識して、実践してください。

*【理解力を高める方法】 イメージ1

コラム執筆者