宅建業法 2) 弁済業務保証金分担金

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

59 PV

2018年05月15日 コラム番号:1,903

2) 弁済業務保証金分担金

2) 弁済業務保証金分担金
弁済業務保証金制度は、宅建取引業保証協会に加入している宅建業者のみに適用されるものです。


保証協会は、「宅建業者が、保証協会に弁済業務保証金分担金を納付」して、保証協会が、1週間以内に供託所に弁済業務保証金を供託します。


分担金は、宅建業者が、保証協会に加入しようとする日までに、保証協会に納付する必要があります。

なお、分担金は、金銭で納付しなければなりません。

これに対して、保証協会の供託については、有価証券によることも可能です。
◆そもそも、供託法は、有価証券による供託を認めています。

そして、保証協会は、弁済業務保証金を法務局(登記所)に供託したときは、その社員の「免許権者」に届け出なければなりません。
★弁済業務保証金分担金の納付時期
新規加入の場合 保証協会加入日に弁済業務保証金を入金する。

事務所・増設の場合 事務所増設の日から2週間以内に弁済業務保証金を入金する。


コラム執筆者