行政事件訴訟法の意義

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

35 PV

2018年11月30日 コラム番号:2,230

行政事件訴訟法の意義
行政事件訴訟法は、行政事件に関する一般法(基本法)である(第1条)。
行政事件訴訟法において裁判所による正式な訴訟手続に基づいて行われる行政事件の裁判(実質的な意義)について、
訴訟類型として
➊抗告訴訟、
❷当事者訴訟、
➌民衆訴訟、
➍機関訴訟(形式的な意義)の4つを法定した。

行政事件訴訟法は、違法な行政作用により侵害された権利利益の救済を求める訴訟手続を定めているのです。

すなわち、
行政事件に関する争訟です。つまり、行政法の解釈・適用に関して、裁判所による独立した司法権の立場からの審査です。

口頭弁論と証拠調べを中心とする正式な訴訟手続公開の対審手続に基づく裁判である。

不服申立て前置主義を原則廃止しました。そして概括主義を採用しました。
さらに、内閣総理大臣の異議の制度を置いています。

行政事件訴訟法に定めがない事項については民事訴訟法の例によるとされ(第7条)ています。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論