❷一定期間権利行使を行わない(=消滅時効の期間)

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

24 PV

2019年03月15日 コラム番号:2,381

❷一定期間権利行使を行わない(=消滅時効の期間)
この期間については、「どのような債権なのか」によって異なります。

➀通常債権の消滅時効の期間は10年

➁債権以外の財産権(地上権、永小作権、地役権、抵当権)の消滅時効の期間は20年

③短期消滅時効(10年未満)・・・・請負代金3年間、飲食代1年間等々
*確定判決によって確定した債権の消滅時効の期間は10年
*所有権は消滅時効にかからない

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論