❷市町村

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

103 PV

2019年03月30日 コラム番号:2,402

❷市町村
市町村とは、一定の区域をその存立の基礎とし、区域内の住民を構成員として、一定の自治権をもつ基礎的な地方公共団体です。
都道府県と合わせて普通地方公共団体と呼ばれる。
「地方自治法」に基づく国と同型の権力・統治団体で,自治的な立法・行政・財政の各権限を持っています。
ⅰ議決機関として市町村議会,
ⅱ執行機関として,市町村長および教育委員会・選挙管理委員会・人事委員会・農業委員会等の各種委員会がある。

(1)市
「市」となるためには通常人口5万人以上,全戸数の6割以上が中心市街地にあり,全人口の6割以上が商工業など都市的業態の従事者で,都道府県条例に定める都市的施設を備えていなければならない。

(2)町
町となるためには,都道府県条例に基づき,通常人口5000人以上で他の要件は市に準じるとされている。

(3)村については法的要件は定められていない。


コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論