【行政不服審査法の目的】

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

28 PV

2019年04月17日 コラム番号:2,414

【行政不服審査法の目的】
行政不服審査法の目的は2つあります。
➊「簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済」
❷「行政の適正な運営の確保」
               です。

具体的には
➊「簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済」
裁判のように手間、時間、費用をかけない「簡易迅速な手続」で「国民の権利利益を救済する」のが目的というわけです。

❷「行政の適正な運営の確保」
 行政の適正な運営の確保とは、そしてもう一つは、行政庁自身に訴えることにより、自分たちの行為の意義を考えることを与えることなり、よりよい行政のあり方を目指すことになります。
国民からこんな意見を聞き、行政行為は適正でなかったのかと反証しよりよい行政のあり方を目指すことになります。

この2つが行政不服審査法の目的になります。

そして、新たに創設された特定行政書士制度は国民にためにより良い行政制度の運営に役立つものであります。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論