⑵行政手続法の内容

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

80 PV

2019年06月29日 コラム番号:2,426

⑵行政手続法の内容
行政手続法は、行政が一定の活動をするに当たって守るべき共通のルールを定めることにより、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に資することを目的とした法律です。

 具体的には、
(1) 申請に対する処分
営業の許可などの申請に対して許可する、または、申請に対して許可をしないという処分。

(2) 不利益処分
許可を取り消したり、一定期間の営業停止を命じたりする処分。

(3) 行政指導
役所が営業内容の改善を求めること。

(4) 処分等の求め
法令に違反する事実を是正するための処分等を求めること。

(5) 届出
営業開始の届出書を役所に提出すること。
(6) 意見公募手続
政令や省令などの命令等の案について広く国民から意見を募集する制度。
いわゆる、パブリックコメント。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論