⑴会社の3つの機関

  • 武井  信雄行政書士 マスク

page view

986 PV

2019年10月18日 コラム番号:2,539

⑴会社の3つの機関
「三権分立」は、立法権(国会)、行政権(内閣)、司法権(裁判所)がそれぞれ独立して機能し、国の権力が集中しないようなっているシステム・systemです。

会社経営にも三権分立があります。会社では、株主総会が立法権を持っています。
会社での行政権(内閣)は、取締役会です。取締役は株主総会で選ばれ、会社運営を行います。
司法権(裁判所)に当たるのは、「監査役」です。取締役が正しく経営を行っているかをチェック・checkするのが「監査役」です。
会社は「株主総会」「取締役」「監査役」という三権が分立して経営活動が行われています。

コラム執筆者

  • マクロ・ミクロ経済学商法・会社法相続不動産売買マーケティング経営分析経済評論